ウェアラブルカメラ比較|2018年おすすめ・注目11選!ダイナミックな映像を撮ろう

みなさん、こんにちは。

この記事では、「ウェアラブルカメラを買いたいけど、種類が多くて、どれを選んだらいいのかわからない…」という方向けに、

  • 『おすすめ』ウェアラブルカメラ
  • 『安い』ウェアラブルカメラ
  • 『バイク』ウェアラブルカメラ
  • 『防水』ウェアラブルカメラ
  • 『Wi-Fi』ウェアラブルカメラ
  • 『中華』ウェアラブルカメラ
  • 『ヘルメット』ウェアラブルカメラ
  • 『パナソニック』ウェアラブルカメラ
  • 『DBPOWER』ウェアラブルカメラ
  • 『ソニー』ウェアラブルカメラ
  • 『GoPro』ウェアラブルカメラ

をご紹介します。

気になるウェアラブルカメラがありましたら、比較検討してみてください。

スポンサーリンク

はじめに

ウェアラブルカメラとは

ウェアラブルカメラ(Wearable Camera)とは、身体等に装着して、ハンズフリーで撮影できる小型カメラのことです。

一般的には、アクションカメラ、アクションカム、スポーツカメラなどとも呼ばれます。

バイクやヘルメットに取り付けて車載動画を撮影したり、スキー、スノーボード、サーフィン、スキューバダイビングなど、スポーツ中の臨場感あふれる映像を撮ることができます。

ウェアラブルカメラの選び方

ウェアラブルカメラの選び方につきましては、下記記事でわかりやすく解説してますので、参考にしてみてください。

おすすめウェアラブルカメラ

GoPro ウェアラブルカメラ HERO6

ウェアラブルカメラの有名ブランドGoProの最新モデル。4K60と1080p240のフレームレートで撮影可能。最先端の手ぶれ補正機能を搭載し、滑らかな映像が撮影できる、人気のウェアラブルカメラが欲しいなら、『ゴープロ ウェアラブルカメラ HERO6』がおすすめです。

人気の理由

  • ここまで小型でしかも超高画質。文句なしの性能です
  • ソニーのライバル機とどちらを買うか迷いに迷いました。手ブレに関しては負けているかもしれませんが、昼間ににFHDで撮る限りでは、ハードに使っても、カクつかず、かなりヌルヌルの映像が撮れ感動しました
  • GoPro HERO5からの買い替えです。見た目もそんなに変化ないので購入は凄く悩みましたが購入して結果良かったです。手ぶれ補正がかなり進化しています。特に歩きながらの上下のブレはGoPro HERO5とは違います

安いウェアラブルカメラ

Victure アクションカメラ

25個のアクセサリーが付属。バイク・自転車・スキー・スノーボード・ダイビング・サーフィンなど、様々なアウトドアスポーツ中の様子を鮮明に録画することができる、安いウェアラブルカメラが欲しいなら、『Victure アクションカメラ』がおすすめです。

人気の理由

  • とても安く買えてそれだけでも満足ですが、到着して実物を見たところ、お値段以上の高価さを感じました。高画質な写真を広範囲に撮れますし、子供と色んなところに出かける事が多いので、たくさん思い出に残そうと思います
  • お値段が他と比べて安かったので購入。最初は少し不安でしたが、初心者やお試しで購入する方には十分なくらい高画質の映像が撮れました
  • 安いですが優秀です。とにかくコスパ高いです。初めてのウェアラブルカメラなので、このお値段でこれだけの機能があれば十分でした

『安いアクションカメラ』については、下記記事で詳しくご紹介してますので、参考にしてみて下さい。

バイクウェアラブルカメラ

ソニー アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル HDR-AS300

「空間光学ブレ補正」をソニーのアクションカムに初搭載。4K撮影やハイスピード記録時でも、圧倒的なブレ補正効果を発揮する、バイクウェアラブルカメラが欲しいなら、『ソニー アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル HDR-AS300』がおすすめです。

人気の理由

  • 今までGoPro HERO3+を使用していたため、HERO5と購入を迷いましたが、光学手振れ補正が優秀であることとデザインの良さで決めました。主な用途はバイク走行動画で、ヘルメットにマウントしています。4K動画を給電しながら使用していますが、今のところ熱暴走は起きてません。購入して大変満足してます
  • 1気筒のバイクに乗っており振動が中々激しいのですが、ショックアブソーバー無しでもかなり綺麗に撮影できました。特定の回転数で共振が発生し、ブレは発生してしまいますが、その回転域を出てしまえば美しく解像されてました
  • 届いた直後から抜群の高画質。画質に関してはGoProHERO3+と比較したが、好みの問題ぐらいの差しかない。空間光学ブレ補正も素晴らしくロードバイクに車載した動画では、地面を滑るようなヌルヌルした映像が撮影できます

『バイクカメラ』については、下記記事で詳しくご紹介してますので、参考にしてみて下さい。

防水ウェアラブルカメラ

GoPro ウェアラブルカメラ HERO5

ハウジングなしで、水深10mまで防水対応。滑らかな高画質4K動画が撮影できる、電子式手振れ補正機能を搭載した、防水ウェアラブルカメラが欲しいなら、『ゴープロ ウェアラブルカメラ HERO5』がおすすめです。

人気の理由

  • 手振れ補正機能を有している4Kのアクションカメラとして、光学式のソニー製に魅力を感じていてどっちにするか悩んだけど、価格と防水性が決め手となりHERO5を購入
  • HERO3と比べて一番便利に感じたのは防水ハウジングがなくとも、本製品のみで防水性能を持ってる所です
  • GoPro Hero5からは防水になったので、スキーなどでハウジングに入れずに使用していますが、音も良く拾ってくれて満足です

Wi-Fiウェアラブルカメラ

ムソン アクションカメラ MC2

2.0インチの液晶モニター搭載し、撮影した映像を確認することが可能。4K対応170度広角レンズを搭載しているので、広範囲の撮影が簡単にできる、Wi-Fi機能搭載ウェアラブルカメラが欲しいなら、『ムソン アクションカメラ MC2』がおすすめです。

人気の理由

  • Wi-Fiにも対応しており、スマートフォンに「Es iCam」というアプリを入れることで、カメラをリモートコントロールして動画撮影や静止画撮影が可能。さらにカメラの設定も行えます
  • この値段でこの多機能性は満足です。きちんとWi-Fiでスマホにも送れますし文句なしです
  • Wi-Fiとバッテリー予備、ケースもついていてこの値段はお得だと思いました。今月モルディブに行くので水中撮影楽しみたいと思います

中華ウェアラブルカメラ

Vemico アクションカメラ

水深40mまで耐えれる防水カバー付き。 4Kモードで最大90分間連続撮影ができる、中華ウェアラブルカメラが欲しいなら、『Vemico アクションカメラ』がおすすめです。

人気の理由

  • ハウジングもマウントもバッテリーまでGoPro互換なので、豊富なアクセサリーが使えていいです。バッテリーも若干カクついたものですが、GoProの純正バッテリーも入り使えます。予備バッテリーや充電ドック、よくわからないアクセサリーまで一通りセットになっておりこの価格は安いです
  • 価格は安く、それでいて4KやWi-Fi機能もあり、バッテリーも2個ついているというコスパ満点の商品です
  • ツーリングで走行中の動画を撮影したくて購入。安かろう悪かろうだったらどうしようかと不安もありましたが、実際届いて見て使ってみて不安も消し飛びました。超高画質、という程ではありませんが、割と鮮明に写ってました

『中華アクションカム』については、下記記事で詳しくご紹介してますので、参考にしてみて下さい。

ヘルメットウェアラブルカメラ

AKASO アクションカメラ EK7000

Amazon.co.jpのレビュー数1,600件以上。17個のアクセサリーが付属。誰でも簡単にヘルメットに装着できる、ヘルメットウェアラブルカメラが欲しいなら、『AKASO アクションカメラ EK7000』がおすすめです。

人気の理由

  • ヘルメットに付けて使用してますが、最高の映像が撮れてます
  • 自転車のヘルメットに付けてみましたが、しっかりと固定でき、動作にも問題はありませんでした
  • 期待していたより画質が良く驚きました。ヘルメットのアゴの部分にマウントしていますが、人の視界のような感じで撮れます

『ヘルメットカメラ』については、下記記事で詳しくご紹介してますので、参考にしてみて下さい。

パナソニック ウェアラブルカメラ

パナソニック ウェアラブルカメラ HX-A1H

ウェアラブル初の暗闇撮影機能を搭載。付属のナイトモード用のガラスカバーに取り換え、赤外線ライトと併用することで、光源が無い暗所(0ルクス環境下)でも撮影ができる、パナソニックのウェアラブルカメラが欲しいなら、『パナソニック ウェアラブルカメラ HX-A1H』がおすすめです。

人気の理由

  • バイクの走行動画を撮りたくて購入。中々画質もよいが、取り付け場所によりブレブレになります。ヘルメットサイドがベターです
  • 小さくて軽いおかげで、付属のヘッドマウントで頭に装着することはもちろんですが、自転車にもかっこよく目立たず簡単に着けて撮影することができます。他社のようにハウジングは必要なく、防水もばっちりです
  • 夜の釣りで水面にライトを当てたくなくて赤外線で撮影出来る物を探していて、たどり着きました。赤外線ライトがないと0ルクスでは真っ暗で何も移らないですが、赤外線ライトを当てるとバッチリ映りました

DBPOWER ウェアラブルカメラ

DBPOWER アクションカメラ

Amazon.co.jpのレビュー数700件以上。170度の広角レンズを搭載し、広範囲の撮影が可能。19個のアクセサリーが付属しているので、ヘルメットやハンドルに簡単に取り付けできる、DBPOWERのウェアラブルカメラが欲しいなら、『DBPOWER アクションカメラ』がおすすめです。

人気の理由

  • 価格はかなり安かったのでそこまで期待していませんでしたが、思いのほか良い商品でした。Wi-Fiも問題無く使え、iPhoneで操作できてます
  • 自転車に搭載する事を目的で、この手のカメラは3台目。粗さが無く十分見やすい画質で、安い4Kカメラを買うよりこのカメラの方が絶対におすすめ
  • ダイビングで利用したくて購入しましたが、正直価格が安いので品質はあまり期待していませんでした。しかし、実際に届いてみて使ってみたら、想像以上の品質でビックリしました

ソニー ウェアラブルカメラ

ソニー アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル HDR-AS300

「空間光学ブレ補正」をソニーのアクションカムに初搭載。4K撮影やハイスピード記録時でも、圧倒的なブレ補正効果を発揮する、ソニーのウェアラブルカメラが欲しいなら、『ソニー アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル HDR-AS300』がおすすめです。

人気の理由

  • ウェアラブルカメラ初心者です。以前、中国製のGoPro模倣品(8千円程度)を購入し、その模倣品との比較ですが、はっきり言って比較にするのも失礼な程の高品質。画質・とてもクリアな視界と鮮明な色合い。模倣品にあるような青みがかったようなものではありません。光学式の補正が効くので少々動く程度ではビクともしないブレ補正。本体価格と性能を考えれば「これこそSONY」と言わしめる優等生です
  • バイク用のドライブレコーダーとして購入。購入時のフル充電で、2時間半近く連続録画可能。撮影間隔や繰り返し録画の設定など、細かに調整することができ便利です
  • 届いた直後から抜群の高画質。画質に関してはGoProHERO3+と比較したが、好みの問題ぐらいの差しかない。空間光学ブレ補正も素晴らしくロードバイクに車載した動画では、地面を滑るようなヌルヌルした映像が撮影できます

GoPro ウェアラブルカメラ

GoPro ウェアラブルカメラ HERO6

ウェアラブルカメラの有名ブランドGoProの最新モデル。4K60と1080p240のフレームレートで撮影可能。最先端の手ぶれ補正機能を搭載し、滑らかな映像が撮影できる、GoProのウェアラブルカメラが欲しいなら、『ゴープロ ウェアラブルカメラ HERO6』がおすすめです。

人気の理由

  • ここまで小型でしかも超高画質。文句なしの性能です
  • ソニーのライバル機とどちらを買うか迷いに迷いました。手ブレに関しては負けているかもしれませんが、昼間ににFHDで撮る限りでは、ハードに使っても、カクつかず、かなりヌルヌルの映像が撮れ感動しました
  • GoPro HERO5からの買い替えです。見た目もそんなに変化ないので購入は凄く悩みましたが購入して結果良かったです。手ぶれ補正がかなり進化しています。特に歩きながらの上下のブレはGoPro HERO5とは違います

おわりに

皆様のウェアラブルカメラ選びの参考になれば幸いです。

あわせて、下記記事も参考にしてみてください。

Top photo by coolmaterial.com