【2018年版】おすすめ360度カメラ5選 全天球のきれいな動画や写真が撮れる機種を比較

みなさん、こんにちは。

この記事では、「360度カメラを買いたいけど、種類が多くて、どれを選んだらいいのかわからない…」という方向けに、おすすめの360度カメラをご紹介します。

気になる360度カメラがありましたら、比較検討してみてください。

スポンサーリンク

はじめに

360度カメラとは

360度カメラとは、上下左右全方位・360度パノラマの写真や動画が撮れるカメラのことです。

一般的には、全方位カメラとも呼ばれます。

Times Square in United States – Spherical Image – RICOH THETA

リコーのシータシリーズ(RICOH THETA)は、上のような写真を一瞬で撮影することができ、撮影した写真や動画をYoutubeやFacebook、GoogleMap、LINEなどで簡単に共有することができます。

360度カメラは、より臨場感あふれる写真や動画を手軽に撮りたい方にぴったりの新しいカメラになります。

おすすめ360度カメラ

リコー シータ S 360度カメラ

Amazon.co.jpのレビュー数170件以上。360°カメラの大定番。全天球イメージ撮影が可能なTHETAシリーズのハイスペックモデル。1回のシャッターで、あなたを取り囲む全ての景色を簡単に撮影できる、360度カメラが欲しいなら、『リコー シータ S 360度カメラ』がおすすめです。

人気の理由

  • 手ブレも少なく、簡単に360度の写真がとれます。星空の撮影も簡単にできました
  • 旅行のときに、360度全風景をワンタッチで撮影できるのですごく気に入ってます。画質は普通の写真機には及びませんが、とにかく楽しいです
  • 趣味のカメラとして購入。360度カメラは思ったよりすごいです。最近はFacebookやYoutubeも360度写真・動画に対応したので、この機会に使ってみるのもいいと思います

リコー シータ SC 360度カメラ

全天球イメージ撮影が可能なTHETAシリーズのスタンダードモデル。電源ONから約1.5秒で撮影できるクイックレスポンス機能を搭載した、360度カメラが欲しいなら、『リコー シータ SC 360度カメラ』がおすすめです。

人気の理由

  • 空間をそのまま保存できるので手軽に撮影ができます。撮った画像はLINEだと360°対応なので簡単に家族や友達に送って見てもらう事ができます。非常に便利で楽しいです
  • 旅行にて使用。動画での撮影もできるので、写真より現地の臨場感が楽しめます
  • 主にfacebookにupしてますが、その場の雰囲気が伝えられて良いです

リコー シータ m15 360度カメラ

360°全天球イメージ撮影が可能なTHETAシリーズの2代目モデル。静止画だけでなく、新たに動画にも対応した、360度カメラが欲しいなら、『リコー シータ m15 360度カメラ』がおすすめです。

人気の理由

  • SNSなどで全天球写真を見て、思わず購入。画質はそこまで綺麗ではないが手軽に、且つ簡単に全天球写真が撮れるので個人的には買ってよかったと思います。スマホに専用アプリをいれて、カメラ本体とWi-Fi接続させて撮ればその場で写真をチェックできるのも良い
  • シャッターボタンを押すだけ、全天球カメラなので非常に広角、ゆえに子供が自分を撮っても背景含め綺麗に入ります。子供は年長ですが、たくさんの友達と一緒に写真をとっても失敗しません
  • 不動産の内覧時等に使用すると、後から見返す事ができるので非常に有効です。特に天井や床まで取れるので内覧時に見落としていた部分が確認でき、便利です

リコー THETA V 360度カメラ 全天球

360度カメラの大定番THETAシリーズ最新モデル。4K(3840×1920)、30fpsの高精細360°撮影に対応。4つのマイクで、VRに対応した最新の3D音声記録に新対応したことで、音と映像がリンクした臨場感抜群の撮影が可能になった、360度カメラが欲しいなら、『リコー シータ V 360度カメラ』がおすすめです。

人気の理由

  • 静止画及び動画の試し撮りをしたところ、想像通りの品質のものが撮れたので大変満足。また、VRグラスとの組み合わせが最高で、その空間に自分が居るかのような体験ができ、旅先でのこれからの撮影が楽しみになると思いました
  • 撮影した動画を知り合いに共有するのに実質的にはYouTubeかFaceBookの二択かのようにしか説明がありませんが、Google Photoでも天球で動画・静止画とも保存・閲覧が出来てます
  • THETAを仕事で持ち歩くようになって重宝しています。現場の状況を把握できる資料がワンショットで撮れるし、メモ代わりにサッと撮影できる。現場に何度も足を運ばなくて良くなりました。説明資料としても説得力があります

LG 360度カメラ LG-R105

デュアルワイドアングルの1300万画素のレンズを搭載。YouTubeやGoogleストリートビューのアプリと互換性があり、360°動画や写真を他のユーザーと簡単に公開、共有、閲覧することができる、360度カメラが欲しいなら、『LG 360度カメラ LG-R105』がおすすめです。

人気の理由

  • 今まではパノラマモードで撮影をしていましたが、取りあえずワンショットで360度撮影が完了するので便利です。解像度が必要な場合はやはり手持ちのカメラで撮影した方が容易ですが全体像をワンプッシュで撮影でき重宝しています
  • RICOHとLGの両方を使ってみましたが、素人レベルではどちらも大きな違いはないと思います。素人レベルで撮影を楽しんでいますが、とてもきれいに撮影できますし、Facebookやgoogleフォトでも、しっかり360度で見ることができます
  • アプリの使い勝手も悪くはない。撮影した映像は楽しく見れる。VRゴーグルと併せて使うと思い出の場所にまた行けたと錯覚するほど。普通のビデオカメラと比べるとどうしても画質は荒いがそれを補って余りあるほどの面白さがある。旅行が楽しくなりそうなアイテムだと思います

おわりに

皆様の360度カメラ選びの参考になれば幸いです。

あわせて、下記記事も参考にしてみてください。

Top photo by compareraja.in