軽くて飲みやすい人気スクイズボトルおすすめ5選

みなさん、こんにちは。

この記事では、「スクイズボトルを買いたいけど、種類が多くて、どれを選んだらいいのかわからない…」という方向けに、おすすめのスクイズボトルをご紹介します。

気になるスクイズボトルがありましたら、比較検討してみてください。

スポンサーリンク

はじめに

スクイズボトルとは

表示する
スクイズボトルとは、『スクイズ(Squeeze / ギュッと握る)+ボトル(Bottle / 容器)』なので、容器を片手でギュッと握るだけで、簡単に水分補給ができるボトルのことです。

主にサッカーやマラソンなどのスポーツで、選手が水分補給する際によく使われます。


おすすめスクイズボトル

大塚製薬 ポカリスエット スクイズボトル 1000ml

さっと口にふくめるプッシュキャップ付き。簡単にすばやく水分補給ができる、スクイズボトルが欲しいなら、『大塚製薬 ポカリスエット スクイズボトル 1000ml』がおすすめです。

人気の理由

  • 普段これをジム用に使ってます。サッカー等スポーツでよく使われているのでジムにも抵抗なく持っていくことができます。ジムにいる時間はだいたい毎回2時間ほどですが、大体終わり頃に1L飲みきってる状態なのでちょうどいいです。入れ口が大きいので飲み物を入れたり、洗うのが楽なのもいい。1本300円くらいなのでおすすめです
  • 軽いので持ち運びに助かります。価格も安くコスパが良いです
  • 1リットルのスポーツドリンクの粉末用に購入。中身を入れて振っても漏れることは無いです

明治 ザバス スクイズボトル 1000ml

すべり防止のためのくびれデザインを採用。パッキンレスで清潔感もアップした、スクイズボトルが欲しいなら、『明治 ザバス スクイズボトル 1000ml』がおすすめです。

人気の理由

  • かなり安価なので、ふたの部分が直ぐにダメになると考えていたが、しっかり作ってあるので、コスパ抜群です
  • しっかり容量があるので、トレーニングにもってこいです。容器の奥に手が届かないので、100均で掃除用アイテムを買って洗ってます
  • 一般的なペットボトルサイズではトレーニング中に水分が足りなくなる事があったので購入。水にスポーツドリンクの粉末や疲労回復のためのクエン酸などを溶かして、自分オリジナルのドリンクを作れるのが良いです

DNS スーパースクイズボトル 1000ml

「グリップゾーン」により、表面の水滴を気にすることなく、しっかりとしたグリップを実現。「ワンタッチ式プッシュプルキャップ」により飲み口に手を触れることなく水分補給ができる、スクイズボトルが欲しいなら、『DNS スーパースクイズボトル 1000ml』がおすすめです。

人気の理由

  • ジムでのイントラドリンク用にもう6本くらい買ってます。形状が洗いにくいのでたまにカビますが安いのでまあいいかな。5年以上使っていて漏れたことはありません
  • 蓋と同時に飲み口も空くので衛生的で便利。持ちやすく、硬すぎず丁度いい。凄いいいと息子も欲しがって2個目の購入です
  • 毎日スポーツの習い事に通っている息子からのリクエストで購入。飲む際に、飲み口を引き上げることなく飲めるのがお気に入りだそうです。息つく暇もないくらいのタイミングで水分補給をしなければならないメニューの時に、特に便利さを感じているようです

森永製菓 ウイダー スクイズボトル 1000ml

運動中の水分補給に最適。ワンタッチ式のプッシュプルキャップなので簡単に飲める、スクイズボトルが欲しいなら、『森永製菓 ウイダー スクイズボトル 1000ml』がおすすめです。

人気の理由

  • 持ちやすい形になっています。またボトルが軟らかすぎないので飲みやすいです
  • 中のフタを閉め忘れていても、外フタを閉めると同時に中フタが押し込められるので閉め忘れによるコボレがない点が安心出来ます
  • 飲み口を触らずに飲むことができるので清潔ですし、素早く給水できて便利です。漏れることもなく重宝してます

明治 ヴァーム スクイズボトル 500ml

運動時の水分補給に最適。500mlタイプで持ち運びに困らない、スクイズボトルが欲しいなら、『明治 ヴァーム スクイズボトル 500ml』がおすすめです。

人気の理由

  • 主にランニング用に購入。ちょっと匂いはきつかったので、水を入れて一日放置したのちに洗いました。匂いは消えたので問題なく使ってます
  • 使い易い大きさです。中にはスポーツドリンクではなく 水素水を入れてます
  • マラソン大会のお供に欠かせない存在です。給水所から給水所への間隔が遠い時など、本当に重宝します

おわりに

皆様のスクイズボトル選びの参考になれば幸いです。

あわせて、下記記事も参考にしてみてください。

Top photo by zimbio.com