おしゃれな人気スポーツボトルおすすめ5選

みなさん、こんにちは。

この記事では、「スポーツボトルを買いたいけど、種類が多くて、どれを選んだらいいのかわからない…」という方向けに、おすすめのスポーツボトルをご紹介します。

気になるスポーツボトルがありましたら、比較検討してみてください。

スポンサーリンク

おすすめスポーツボトル

AVOIN colorlife スポーツボトル 500ml/1000ml

食品グレードでBPAを含まないTritanプラスチックを採用。無害・無臭で安全性が高く、体にも優しい、スポーツボトルが欲しいなら、『AVOIN colorlife スポーツボトル 500ml/1000ml』がおすすめです。

人気の理由

  • テニス部の高校生の息子用に購入。プラスチック水筒だけど高いなあ、と思っていましたが、飲みやすくしっかりした作りで喜んでました
  • 半透明のプラスチックなので、今どれくらい残っているのか大雑把に分かるのは勿論なのですが、背面にはミリリットル表記とオンス表記の細かい目盛りが付いており、「あと残り650mlだな」などと正確な数字まで一瞬でわかってしまいます
  • アメリカ製のTritanプラスチックを使っているようで、BPAもフリーですし安心して使う事が出来ます。ボトルはシリコンみたいにサラサラとしていて肌触りがよいです。ボトルの口は直径約4.5cmで一般的な大きさの氷なら入ります

ナルゲン OTFボトル 710ml

OTFキャップは、細い飲み口があり、片手ですぐに水分補給が可能。キャップ自体を外すと広口なので氷も入れやすい、スポーツボトルが欲しいなら、『ナルゲン OTFボトル 710ml』がおすすめです。

人気の理由

  • やはりナルゲンボトルは頑丈です。ペットボトルを買って水を飲んでいたのですが、エコを考え、飲みやすい口を持ったOTFボトルを購入しました
  • 蓋の開け閉めが楽で、かつ程よい飲み口の大きさで、重宝してます
  • 手軽に使えて便利です。登山に持っていきますが湧水なども入れてます。容器は軽くて丈夫です

稲植屋 スポーツボトル 600ml

スポーツに適した、ゴクゴク飲める広口タイプを採用。真空二重断熱構造なので、保温・保冷どちらにも対応した、スポーツボトルが欲しいなら、『稲植屋 スポーツボトル 600ml』がおすすめです。

人気の理由

  • 取説が一切ないのは驚きましたが、必要ないくらいシンプルな構成でした。掃除も割としやすく、保温保冷性能も上々で、この値段としてはものすごく良い買い物だった感じます
  • オールステンレスで無骨な所がかっこよく、保温効果も高く、氷を入れた飲み物は12時間経っても溶け切ってはいませんでした
  • 蓋の開閉の金属音が気になるけど、取っ手が付いて持ちやすく、外観も悪くないし、シンンプルでステンレスの質感もいい感じです

RicoRich スポーツボトル 750ml

真空二重断熱構造なので、保温・保冷どちらにも対応。持ち運びに便利な取っ手が付いた、スポーツボトルが欲しいなら、『RicoRich スポーツボトル 750ml』がおすすめです。

人気の理由

  • 今まで象印の500mlを使用。キャップも象印と比べシンプルで管理も楽。思っていたより口も大きく普通の大きさの氷なら余裕で入ります
  • 本体とフタのみの構造が大変気に入りました。洗うときにパッキンの紛失などに気配りしなくて済みます。中身が漏れ出す事もなく丈夫な材質で、デザインもかっこいいと息子も気に入ってます
  • 保冷がとても良く、大きさ、重さも丁度いいです。子供に使わせてますが、取り合いになっているので、リピートしようと考えてます

稲植屋 スポーツボトル 500ml

真空二重断熱構造なので、保温・保冷どちらにも対応。スリムな形状なので、カバンやバッグの中にスッポリ入る、スポーツボトルが欲しいなら、『稲植屋 スポーツボトル 500ml』がおすすめです。

人気の理由

  • 保冷効果は予想以上。お洒落で、コンパクトで使いやすい。毎日会社に氷を入れた麦茶を持参して、無くなれば自販機で購入したお茶を入れても氷は溶けません
  • デザインが気に入って注文しました。使い勝手がいいです。フタもキッチリ締まるし飲みやすい。リュックのサイドポケットにもスッポリ収まります。保冷効果も結構高く満足です
  • シンプルなデザインとこの美しいブルーに惹かれて購入。山などに行くことが多く現在使用しているサーモスのサブとして購入しました。まだ数回しか使用していませんが、保冷力は結構あるほうだと思います

おわりに

皆様のスポーツボトル選びの参考になれば幸いです。

あわせて、下記記事も参考にしてみてください。

Top photo by eruditochka.ru