2018年ハイエンドAndroidタブレットおすすめ5選!高性能・高機能で使い勝手も抜群

みなさん、こんにちは。

この記事では、「Web閲覧や動画視聴、ゲームなどがサクサク快適に楽しめるハイエンドAndroidタブレットを買いたいけど、種類が多くて、どれを選んだらいいのかわからない…」という方向けに、おすすめのタブレットをご紹介します。

気になるタブレットがありましたら、比較検討してみてください。

スポンサーリンク

タブレットの選び方

タブレットの選び方につきましては、下記記事でわかりやすく解説してますので、参考にしてみてください。

おすすめハイエンドAndroidタブレット

ファーウェイ MediaPad M3 Wi-Fiモデル

ファーウェイの人気8.4インチタブレット。

Wi-Fiモデル、Android 6.0搭載。

8.4インチの解像度2560×1600の高画質液晶ディスプレイを搭載し、細かい文字もはっきりクッキリ表示。

CPU2.3GHz/8コア搭載、RAM 4GBでWeb閲覧や動画視聴はもちろん、重たい3Dゲームのサクサク快適にプレイ可能。

800万画素のリア・フロントカメラ内蔵で、高画質で綺麗な写真も簡単撮影。

micro SDカード256GB対応で、動画や写真の保存もバッチリ。

8インチ台のAndroid OSを搭載したタブレットの中でも、最高峰のスペックを誇ります。

さらに、価格も3万円台で購入できるのでコスパも抜群に良いです。

「コスパ最強のハイエンドAndroidタブレットが欲しい」という方におすすめです。

スペック

表示する
メーカー HUAWEI
モデル MediaPad M3 Wi-Fiモデル
OS Android 6.0
画面サイズ 8.4インチ
解像度 2560×1600
アスペクト比 16:10
SIM 枚数
サイズ
CPU クロック周波数 2.3GHz
コア数 8
GPU
RAM 4GB
ROM 32GB
無線LAN規格 11a
11b
11g
11n
11ac
11ad
Bluetooth Bluetooth 4.1
GPS
カメラ フロント 800万画素
リア 800万画素
本体カードスロット micro SDカード 256GB
バッテリー 容量 5100mAh
時間
重量 310g

ファーウェイ MediaPad M3 SIMフリーモデル

ファーウェイの人気8.4インチタブレット。

1つ前でご紹介した「MediaPad M3」のSIMフリーモデル。

SIM対応の有無以外、スペックはほぼ同じ。

格安SIMを含む国内外様々なSIMカードに対応、海外でも現地のSIMが使えます。

GPS機能を搭載しているので、地図アプリをインストールすれば、カーナビとしても大活躍。

外出先でインターネットや音声通話を楽しみたいなら、SIMフリーモデルがピッタリ。

「コスパ最強のSIMフリーハイエンドAndroidタブレットが欲しい」という方におすすめです。

スペック

表示する
メーカー HUAWEI
モデル MediaPad M3 SIMフリーモデル
OS Android 6.0
画面サイズ 8.4インチ
解像度 2560×1600
アスペクト比 16:10
SIM 枚数 1
サイズ Nano SIM
CPU クロック周波数 2.3GHz
コア数 8
GPU
RAM 4GB
ROM 32GB
無線LAN規格 11a
11b
11g
11n
11ac
11ad
Bluetooth Bluetooth 4.1
GPS
カメラ フロント 800万画素
リア 800万画素
本体カードスロット micro SDカード 256GB
バッテリー 容量 5100mAh
時間
重量 310g

ファーウェイ MediaPad M3 Lite 8 Wi-Fiモデル

ファーウェイの人気8インチタブレット。

Wi-Fiモデル、Android 7.0搭載。

既にご紹介した「MediPad M3」の廉価版。

MediPad M3に比べて、全体的にややスペックダウンしているが、Web閲覧や電子書籍閲覧、動画視聴、SNSアプリ、軽いゲームアプリの使用程度なら全く問題なし。

処理に負荷がかかる重たい3Dゲームはカクついて使い物にならないので、3Dゲームを快適にプレイしたいなら既にご紹介した「MediPad M3」がおすすめです。

MediPad M3と比べて6000円程度安いので、3Dゲームをやらないなら当モデルがピッタリ。

「Web閲覧や動画が快適に視聴できるハイエンドAndroidタブレットが欲しい」という方におすすめです。

スペック

表示する
メーカー HUAWEI
モデル MediaPad M3 Lite 8 Wi-Fiモデル
OS Android 7.0
画面サイズ 8.0インチ
解像度 1929×1200
アスペクト比 16:10
SIM 枚数
サイズ
CPU クロック周波数 1.4GHz
コア数 8
GPU
RAM 3GB
ROM 32GB
無線LAN規格 11a
11b
11g
11n
11ac
11ad
Bluetooth Bluetooth 4.1
GPS
カメラ フロント 800万画素
リア 800万画素
本体カードスロット micro SDカード 128GB
バッテリー 容量 5480mAh
時間
重量 310g

ファーウェイ MediaPad M3 Lite 8 SIMフリーモデル

ファーウェイの人気8インチタブレット。

1つ前でご紹介した「MediaPad M3 Lite 8」のSIMフリーモデル。

SIMの有無以外スペックはほとんと同じ。

格安SIMを含む国内外のSIMカードを使ってインターネットや音声通話を楽しみたいなら、こちらのモデルがおすすめです。

3Dゲームはカクついて快適にプレイできないので、3Dゲームをストレスなくプレイしたい方は「MediaPad M3 SIMフリーモデル」がおすすめです。

MediaPad M3 SIMフリーモデルと比べて、1万円以上価格差があるので、3Dゲームをプレイしないなら、当モデルがピッタリ。

「Web閲覧や動画が快適に視聴できるSIMフリーハイエンドAndroidタブレットが欲しい」という方におすすめです。

スペック

表示する
メーカー HUAWEI
モデル MediaPad M3 Lite 8 SIMフリーモデル
OS Android 7.0
画面サイズ 8.0インチ
解像度 1929×1200
アスペクト比 16:10
SIM 枚数 1
サイズ Nano SIM
CPU クロック周波数 1.4GHz
コア数 8
GPU
RAM 3GB
ROM 32GB
無線LAN規格 11a
11b
11g
11n
11ac
11ad
Bluetooth Bluetooth 4.1
GPS
カメラ フロント 800万画素
リア 800万画素
本体カードスロット micro SDカード 128GB
バッテリー 容量 5480mAh
時間
重量 310g

NVIDIA SHIELD Tablet K1 Wi-Fiモデル

NVIDIAの人気8インチゲーミングタブレット。

Wi-Fiモデル、Android 5.0搭載。

ゲームが快適にプレイできるように開発されたゲーム専用タブレット。

「GPU」と呼ばれる画像処理に特化したプロセッサーを搭載することで、負荷が大きな3Dゲームがサクサク快適にプレイできるのが特徴。

Web閲覧や動画視聴、電子書籍閲覧、SNSアプリなど、一般使用ならスペック的に全く文句なし。

価格は高いが、ガチで3Dゲームをサクサクプレイ方にピッタリ。

「最強のハイスペックAndroidタブレットが欲しい」という方におすすめです。

スペック

表示する
メーカー NVIDIA
モデル SHIELD Tablet K1 Wi-Fiモデル
OS Android 5.0
画面サイズ 8.0インチ
解像度 1920×1200
アスペクト比 16:10
SIM 枚数
サイズ
CPU クロック周波数 2.2GHz
コア数 4
GPU
RAM 2GB
ROM 16GB
無線LAN規格 11a
11b
11g
11n
11ac
11ad
Bluetooth Bluetooth 4.1
GPS
カメラ フロント 500万画素
リア 500万画素
本体カードスロット micro SDカード
バッテリー 容量
時間
重量 390g

おわりに

様々なハイエンドAndroidタブレットをご紹介してきましたが、当記事で一番のおすすめは「ファーウェイ MediaPad M3」になります。

Web閲覧や動画視聴、電子書籍閲覧、SNSアプリはもちろん、重たい3Dゲームもサクサク快適にプレイ可能。

GPS機能搭載で、カーナビ用途としてもバッチリ。

重量わずか310gで持ち運びもラクラク。

日常生活で使用する分には、スペック的にこれ1台で十分対応可能。

Wi-FiモデルとSIMフリーモデルの2つありますので、SIMカードを使わないならWi-FIモデル、SIMを使うならSIMフリーモデルがピッタリです。

あわせて、下記記事も参考にしてみてください。


Top photo by gadgets.ndtv.com