失敗しない体重計の選び方|2018年・注目すべき9項目をわかりやすく解説

みなさん、こんにちは。

この記事では、「体重計を買いたいけど、選び方がよくわからない…」という方向けに、失敗しない体重計の選び方をご紹介します。

はじめて体重計を購入される方は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

体重計の選び方

体重計を選ぶ際、見るべきポイントは、

  • タイプ
  • 重量
  • 登録人数
  • スマートフォン
  • 対応OS
  • 対応アプリ
  • 通信方式
  • 電源方式
  • 測定項目


の9項目になりますので、それそれ詳しく見てみましょう。

タイプ

体重計のタイプは大きく分けて、体重計、体脂肪計、体組成計の3つに分かれます。

体重計は、体重を計測する機能のみ搭載したシンプルなモデルになります。体重計は計測結果の表示方法で、デジタルタイプとアナログタイプの2つに分かれます。デジタルタイプは計測結果を大きなディスプレイに表示してくれるので数字が見やすく、体重計に乗ると自動で電源がONになるタイプもあります。アナログタイプは昔ながらの表示方法で、デジタルタイプに比べて価格が安いのが特徴です。

体脂肪計は、体重と体脂肪が計測できるタイプになります。体重計に比べて価格は割高です。

体組成計は、体重と体脂肪に加えて、体組成と呼ばれる体脂肪率や筋肉量、内臓脂肪など「からだの組成」を計測してくれるタイプになります。測定項目が多く機能が充実している一方、体重計や体脂肪計に比べて価格が割高です。

体重を計測したいなら体重計、体脂肪を計測したいなら体脂肪計、体重や体脂肪以外の項目も測定したいなら体組成計がおすすめです。

重量

重量とは体重計本体の重さのことで、グラム(g)またはキログラム(kg)と呼ばれる単位で表されます。

旅行や出張などで持参するなら500g以下、普段使いなら出し入れし易い1kg以下がおすすめです。

登録人数

体重計・体脂肪計・体組成計には初期設定で年齢や身長などを登録することで、測定データを個別に管理できる機能があります。

登録上限人数までなら何人でも登録できるので、家族で体重計を共有される方などにおすすめの機能になります。

スマートフォン

体重計とスマートフォン(スマホ)を連携することで、日々の測定データをスマホのアプリやサイトで管理することができます。測定データは、グラフや表などで分かりやすく表示してくれるので、1週間前や1ヶ月前との比較も簡単にできます。

ダイエットやトレーニングなどで日々の測定結果をデータとして残したい方におすすめの機能になります。

対応OS

体重計とスマートフォン(スマホ)を連携させるに、スマホのOSが体重計に対応していることが条件となります。スマホのOSは、AppleのiOS、GoogleのAndroid、MicrosoftのWindowsの3つがありますので、連携させたいスマホのOSが体重計に対応してるか確認するようにしましょう。

対応アプリ

体重計とスマートフォン(スマホ)をワイヤレス接続させることで、各体重計メーカー独自の管理アプリ以外に、iPhoneで使えるアップルの「ヘルスケア」やAndroidスマホで使えるGoogleの「Google Fit」など、各種健康管理アプリとデータを同期させることができます。

測定データを同期させたい方は、アプリが体重計に対応しているか確認しておくといいでしょう。

通信方式

通信方法とは、体重計とスマホなどの端末をワイヤレスで連携させる方法のことで、Wi-Fi、Bluetooth、NFCの3つがあります。

Wi-Fiは、一般的なワイヤレス接続方法で、3つの中で一番多くの機種に採用されている通信方式です。

Bluetoothは、デジタル機器用の近距離無線通信規格のことで、最近搭載する機種が増えてきてます。

NFCは、NFCチップを搭載した端末同士を近づけるだけで簡単にワイヤレスで接続ができる方法になりますが、対応機種はほとんど見かけません。

体重計とスマホをワイヤレスで連携させたい方は、Wi-FiまたはBluetoothを搭載した機種がおすすめです。

電源方式

電源方式とは、体重計や体組成計の電源の供給方法で、ほとんどの機種が乾電池を使用するタイプです。パワーがあり長持ちするアルカリ乾電池がおすすめで、使用する乾電池の大きさや本数は機種によって異なりますので、購入前に確認するようにしましょう。

測定項目

測定項目とは、体重計や体組成計で測定できる項目のことで、具体的には、体重、体脂肪、BMI、基礎代謝、骨格筋率、内臓脂肪、体水分率、推定骨量などがあります。測定項目が増えると価格も割高になります。測定項目は機種によって異なるので、測定したい項目が搭載されている機種を選ぶようにしましょう。

以上が体重計の選び方となりますので、参考にしながら自分にピッタリの機種を選んでみてください。

おすすめ体重計

おすすめの体重計につきましては、下記記事にてご紹介してますので、参考にしてみてください。

おわりに

皆様の体重計選びの参考になれば幸いです。

あわせて、下記記事も参考にしてみてください。

Top photo by homethods.com