AIスピーカー比較|2018年おすすめ・注目13選!最高のスマートスピーカーを見つけよう

みなさん、こんにちは。

この記事では、「AIスピーカーを買いたいけど、種類が多くて、どれを選んだらいいのかわからない…」という方向けに、合計13機種のAIスピーカーを星5つから星1つの5ランクに分けて徹底比較。

さらに、各AIスピーカーの特徴もわかりやすくご紹介してますので、自分に合った最高のAIスピーカーを見つけましょう!

スポンサーリンク

はじめに

AIスピーカーとは

AIスピーカーとは、AmazonのAlexa(アクセラ)、GoogleのGoogle Assistant(グーグル・アシスタント)など、各社が独自に開発した対話型AI(人工知能)を内蔵したスピーカーのことで、音声操作によってコントロールできるのが特徴です。一般的にはスマートスピーカーとも呼ばれています。

お天気、ニュース、買い物、交通情報など、知りたい情報をスピーカーに問いかけることで音声で答えてくれたり、家電とワイヤレス接続することで、照明やテレビのON/OFFなど、音声のみで操作することができます。

スマートフォンやタブレットで音声サービスを利用するには、一度タッチパネル操作が必要になりますが、AIスピーカーは全て音声のみで操作できるので、タッチパネル操作が一切不要になり、今後の利用拡大が期待されています。

選定基準


価格と機能の2軸で、おすすめ度が高い順に星5つから星1つの5つに分けてご紹介します。星別の選定基準は以下の通りです。

  • ★★★★★:5つ星|価格が安くて機能も充実。おすすめの中でも特におすすめ
  • ★★★★☆:4つ星|価格が安くて機能も充実。おすすめ商品
  • ★★★☆☆:3つ星|価格は高いが機能も充実。予算に余裕がある方におすすめ
  • ★★☆☆☆:2つ星|価格は安いが機能も微妙。予算に余裕がない方におすすめ
  • ★☆☆☆☆:1つ星|価格も高くて機能も微妙。あまりおすすめしない商品


星の数を参考にしながら、お気に入りのAIスピーカーを見つけてましょう!

5つ星|AIスピーカー3選

価格が安くて機能も充実。おすすめの中でも特におすすめ

アマゾン エコー ドット

AmazonのAIスピーカーのエントリーモデル。色はブラック、ホワイトの2色から選択可能。天気やニュースの読み上げはもちろん、Amazon Musicで楽曲名、アーティスト名など指定して再生することも可能。Bluetooth機能内蔵で、Bluetoothスピーカーとしても使えます。重量はわずか163gと持ち運びもラクラク。

「軽くて安いAIスピーカーが欲しい」という方におすすめです。

2017年11月15日発売予定、予約受付中!さらに、2017年11月17日まで、Amazon Prime会員限定でAmazon Echo Dotが2000円割引になるキャンペーン実施中。

アマゾン エコー

AmazonのAIスピーカーの普及版。色はサンドストーン、チャコール、ヘザーグレーの3色から選択可能。利用できる機能は、1つ前でご紹介したAmazon Echo Dotとほとんど同じ。大きな違いはスピーカーの性能で、スピーカーの機能が大幅に強化され、より迫力あるサウンドで音楽が楽しめます。Amazon Musicを高音質で楽しみたい方にピッタリ。

「迫力あるサウンドで音楽が楽しめるAmazonのAIスピーカーが欲しい」という方におすすめです。

2017年11月15日発売予定、予約受付中!さらに、2017年11月17日まで、Amazon Prime会員限定でAmazon Echoが4000円割引になるキャンペーン実施中。

アマゾン エコー プラス

AmazonのAIスピーカーの上位モデル。色はシルバー、ブラック、ホワイトの3色から選択可能。利用できる機能は、1つ前でご紹介したAmazon Echo とほとんど同じ。大きな違いはスマートホームハブの有無で、スマートデバイス用の無線規格「ZigBee(ジグビー)」に対応した照明のON/OFF操作が可能。

ZigBeeは近距離無線通信規格の一種でBluetoothの仲間。Bluetoothと同じく今後普及が見込まれている通信規格なので、Echo Plus1つあればEcho Plusが「ハブ機能」として全てのZigBee対応家電を操作することができます。

「スマートホームハブを搭載したAmazonのAIスピーカーが欲しい」という方におすすめです。

2017年11月15日発売予定、予約受付中!さらに、2017年11月17日まで、Echoシリーズいずれかご購入で、音楽聴き放題サービスAmazon Music Unlimitedのクーポンプレゼント中

4つ星|AIスピーカー2選

価格が安くて機能も充実。おすすめ商品

グーグル ホーム ミニ


GoogleのAIスピーカーのエントリーモデル。色はチャコール、チョーク、コーラルの3色から選択可能。天気やニュースの読み上げ、スケジュールチェックはもちろん、Google Play Musicの音楽を再生させることも可能。Chromecastと連携させることでYouTubeの検索結果動画をテレビに映し出したい方にもピッタリ。

「Googleの安いAIスピーカーが欲しい」という方におすすめです。

購入者の声

  • 朝の忙しい時など、テレビをつける代わりに便利に使ってます
  • ラジコの機能を使ってくれるので局名を言えばラジオがすぐ聴ける
  • 音楽もBGMとしてなら実用レベル

グーグル ホーム

GoogleのAIスピーカーのスタンダードモデル。色はホワイトのみ。基本機能は1つ前でご紹介したGoogle Home Miniとほとんど一緒。違いはスピーカーの性能で、Miniに比べてより高音質で音楽が楽しめます。デザインもおしゃれなので、インテリアとしても最適です。

「GoogleのおしゃれなAIスピーカーが欲しい」という方におすすめです。

購入者の声

  • 音声認識も「ここまで来たか!」と思うぐらい秀逸
  • googleのカレンダに入力しておくと、呼びかけるだけでスピーカが1日のスケジュールを教えてくれるのがいい
  • 音楽をかけた時の音質も全方位にいい音で聴こえてます

3つ星|AIスピーカー1選

価格は高いが機能も充実。予算に余裕がある方におすすめ

ソニー スマートスピーカー LF-S50G


Googleの対話型AI「Google Assistant」を搭載したAIスピーカー。ブルー、ブラック、ホワイトの3色から選択可能。ニュースや天気予報、音楽の再生など、声のみで操作可能。IPX3相当の防滴機能を装備し、水しぶきが気になるキッチンや脱衣所周りでも使用できます。

上向き(フルレンジスピーカー)と下向き(サブウーファー)に分離した「対向配置2ウェイスピーカーシステム」を採用。2ステージディフューザーが360°部屋の隅々まで立体的に音を放射して、室内のどこにいても快適に音楽を楽しむことが可能。高音質で音楽を楽しみたい方にピッタリ。

「高音質で音楽が楽しめるSONYのAIスピーカーが欲しい」という方におすすめです。

2017年12月9日発売予定、予約受付中

1つ星|AIスピーカー1選

価格も高くて機能も微妙。あまりおすすめしない商品

ライン クローバ ウェーブ


LINEの対話型AI「Clova」を搭載したAIスピーカー。天気予報やニュース、LINEへのメッセージ送信、家電操作などが音声操作のみで可能。LINE MUSICに登録することで、4,000万曲以上の楽曲を再生することができますが、先行するAmazonやGoogleのAIスピーカーと比べて、これといった特徴がなく、価格も14000円と決して安くないのが残念。

「LINEのAIスピーカーが欲しい」という方におすすめです。

購入者の声

  • 中身のソフトウェアというかClovaの完成度はまだまだって感じです
  • 唯一の売りである音楽をかけるのも、LINEmusicのプレミアムプラン入ってないと1曲30秒しか流せません。これはGoogle homeもGoogle play ミュージックの聞き放題プランに入ってないとダメなので、同じように感じますが、曲数やその他の機能を考えてもやはりLINEは負けてます

星選定中|AIスピーカー6選

星評価選定中のAIスピーカーになります。

Apple Home Pod


Appleの対話型AI「Siri」を搭載したAIスピーカー。ブラック、ホワイトの2色から選択可能。ニュースや天気予報、料理のレシピなど、声のみで操作可能。iTunesと連携させることできるのが最大の魅力。

「iTunesと連携できるAIスピーカーが欲しい」という方におすすめです。

オーストラリア、イギリス、アメリカ2017年末発売予定、日本発売未定

JBL LINK 10


Googleの対話型AI「Google Assistant」を搭載したAIスピーカー。ブラック、ホワイトの2色から選択可能。ニュースや天気予報、料理のレシピ、音楽の再生など、声のみで操作可能。リチウムイオンバッテリーを内蔵し、約5時間ワイヤレス音楽再生可能。

水周りでも安心して使えるIPX7に対応し、屋外やキッチン、お風呂場など、水しぶきが気になる場所でも音声操作や音楽再生がができます。

「最強の防水AIスピーカーが欲しい」という方におすすめです。

2017年内発売予定

JBL LINK 20

Googleの対話型AI「Google Assistant」を搭載したAIスピーカー。1つ前でご紹介した「JBL LINK 10」の上位モデル。主な違いは、音量が大きくなって、再生時間が5時間伸びて、重量が240g重くなって、USB対応AC電源アダプタが付属した4点のみ。大音量で音楽を楽しみたい方にピッタリ。

「大音量で音楽が楽しめる最強の防水AIスピーカーが欲しい」という方におすすめです。

2017年内発売予定

Photo by news.harman.com

オンキヨー スマートスピーカー VC-FLX1


Amazonの対話型AI「Alexa(アクセラ)」を搭載したAIスピーカー。ニュースや天気予報、料理のレシピ、音楽の再生など、声のみで操作可能。モーションセンサー機能付きのWEBカメラを搭載し、外出先から部屋の様子を確認したり録画も可能。さらに、温度センサー、湿度センサー、照度センサーを搭載し、様々な家電と連携できます。

「高機能なAIスピーカーが欲しい」という方におすすめです。

日本発売未定

ライン フレンズ


LINEの対話型AI「Clova」を搭載したAIスピーカー。LINE Friends(日本名:Clova Champ)は、LINEの人気キャラクター「ブラウン(Brown)」と「サリー(Sally)」をモチーフにしてデザインされたのが特徴。価格は129,000ウォン、日本円で約13,000円。

韓国2017年10月17日発売開始、日本2017年冬発売予定

東芝 スマートスピーカー TH-GW10

Amazonの対話型AI「Alexa(アクセラ)」を搭載したAIスピーカー。ニュースや天気予報、料理のレシピ、音楽の再生など、声のみで操作可能。

北米2017年末発売予定、日本発売未定

おわりに

既にAmazon Prime会員の方であれば、100万曲以上が聴き放題で楽しめる「Prime Music」がすぐ使えるので、アマゾン・エコーシリーズがベスト。まだAmazon Prime会員でない方も、30日間の無料体験キャンペーン実施中なので、この機会に充実したAIスピーカーライフを手に入れられてみてはいかがでしょうか。

※2017年11月17日まで、Amazon Prime会員限定でAmazon Echoが最大4000円割引になるキャンペーン実施中。

Amazonプライム30日間無料体験キャンペーンの詳細はこちらからどうぞ

Top photo by wccftech.com