MUSONアクションカメラMC2は買うべきか?人気の中華アクションカム4機種とスペックを比較してみた

みなさん、こんにちは。

この記事では、「MUSONのアクションカメラを買おうか迷っている…」という方向けに、中華アクションカムの人気モデルとスペックを徹底比較してみたいと思います。

今回比較する人気中華アクションカムは、「MUSON アクションカメラ MC2」「Victure アクションカメラ AC600」「WIMIUS Q1 アクションカメラ」「DBPOWER 4K アクションカメラ」「AKASO アクションカメラ EK7000」の5つになります。

スポンサーリンク

はじめに

比較表と項目について

MUSONアクションカメラ比較表

今回ご紹介する「MUSONと人気中華アクションカム4機種」のスペック比較表になります。比較項目につきましては、下記記事でわかりやすく解説してますので、参考にしてみてください。

MUSONと人気中華アクションカム4機種比較

ムソン アクションカメラ MC2

2インチ、1200万画素、4K/25fps、2.7K/30fps、1080p/60fps、1080p/30fps、720p/120fps、MP4、水深40m、ブレ補正なし、タイムラプスあり、Wi-Fiあり、micro SD 64GB、予備バッテリー1つ。

今回の比較対象機種のMUSON MC2。アマゾンで人気の中華アクションカムメーカーの1つ。1万円以下という低価格でありながら、高画質で撮影できる4Kや一般的によく使われる動画解像度1080P/60fpsに対応。Wi-Fi機能を搭載し、撮影した映像をスマホで確認可能。スマホやタブレットなど多くの家電製品と互換性が高く動画の編集もしやすい動画ファイル形式MP4に対応と通常使用ならスペック的に全く問題なし。

ブレ補正機能が非搭載なのは残念だが、中華アクションカムに搭載されているブレ補正はどの機種もまだ精度が甘いので、あっても無くても正直大差なし。アマゾンのレビュー数も800件を超えているので、安心して購入できる。

初めてアクションカムを購入する方や1万円以下でアクションカムを探している方に持ってこいの機種です。

購入者の声

  • 画像も綺麗でこの値段でこの性能はとてもコスパが高いと思います
  • 写りはソニーやゴープロには及びませんがこの価格ならたいへん良い商品だと思います
  • 1万円以内で買えるアクションカメラとしてもコスパが高いように感じました

Victure アクションカメラ AC600

2インチ、2000万画素、4K/24fps、1440P/30fps、1080p/60fps、1080p/30fps、720P/60fps、720P/60fps、MOV、水深30m、電子式ブレ補正、タイムラプスあり、Wi-Fiあり、micro SD 64GB、予備バッテリー1つ。

中華アクションカムメーカーVictureの最上位モデルAC600。MUSON MC2との主な違いは、写真解像度1200万画素→2000万画素、1440P/30fps対応、動画ファイル形式MP4→MOV、ブレ補正なし→ありの4点。

写真解像度は830万画素あれば4K画質相当の高画質な写真がきれいにとれるので、830万画素以上は1200万画素であれ2000万画素であれ画質に大きな差はほとんど見られない。1440P/30fpsはあまり利用されない動画解像度で、しっかり利用頻度が高い1080P/60fpsに対応していることのほうが大事。動画ファイル形式は、現在の主流はMP4だが、iPhoneやiPadなどアップル製品と互換性が良いのはMOVなので、アップル製品で撮影した映像を再生したい方におすすめ。GoProと同じ電子式ブレ補正機能を搭載しているが、ブレ補正の精度がイマイチなので期待は禁物。

初めてアクションカメラを購入されるならMUSON MC2で十分だが、購入時の価格がMUSON MC2より安ければ購入候補に入れてみるといいかもしれない。

人気の理由

  • 高価なアクションカムを買わなくても十分楽しめます。手振れ補正は気休め程度です
  • 手振れ補正もほとんど役に立たないし、色合いも不自然です。映像も荒めなのだが、価格からすればこんなものでしょう
  • 手振れ補正機能はありますが、ONにしても全然効果が判りません

WIMIUS Q1 アクションカメラ

2インチ、1600万画素、4K/30fps、2.7K/30fps、1080p/60fps、1080p/30fps、MP4、水深40m、電子式ブレ補正、タイムラプスあり、Wi-Fiあり、micro SD 64GB、予備バッテリー1つ。

中華アクションカムメーカーWIMIUSのQ1。MUSON MC2との主な違いは、写真解像度1200万画素→1600万画素、4K/30fps、2K/30fps対応、ブレ補正なし→ありの3点。

写真解像度は830万画素以上あれば十分きれいな写真が撮れるので、1200万画素も1600万画素も大差なし。4K/30fps対応はプラスポイント。ブレ補正ありも若干だがプラスポイントなので、スペック的にはMUSON MC2よりWIMIUS Q1のほうが上だと言える。アマゾンのレビュー数も400件以上あり、MUSON MC2より安く購入できるので、購入してみる価値は高い。

MUSON MC2を購入するほどの予算が無い方は、WIMIUS Q1がおすすめです。

購入者の声

  • お値段のことを考えると満足度はとても高いです。明るいところでの画質はとても満足出来ます
  • 4K/30fps撮影してみたところ、ブレの補正はあまりしてくれないようで、ガタガタ揺れた状態になっていました
  • 4K目的であれば、がっかりすると思います。1080P/60fpsもかなり怪しく、実用は1080P/30fpsと、2.7K/30fpsになると思います

DBPOWER 4K アクションカメラ

2インチ、1200万画素、4K/25fps、2.7K/30fps、1080p/60fps、1080p/30fps、720p/120fps、MOV、水深30m、ブレ補正なし、タイムラプスあり、Wi-Fiあり、micro SD 64GB、予備バッテリー1つ。

中華アクションカムメーカーDBPOWERの最上位モデル4K。MUSON MC2との主な違いは、動画ファイル形式の違いとハウジングを装着した際の水深が40m→30mの2点のみ。スペック的にはほぼ一緒。

価格はDBPOWERの方がやや安いので価格重視ならDBPOWER 4K、動画ファイル形式MP4で保存したいならMUSON MC2がおすすめです。

購入者の声

  • 60fpsの恩恵をうけつつ、高画質に再生できています。この価格でこのクオリティなら十分かな
  • ダイビングで使用しましたが、水中でも撮影できました
  • 値段の割には画質もよくて満足。ただスマホと連携した時にシャッターの時間差がある

AKASO アクションカメラ EK7000

2インチ、1200万画素、4K/25fps、2.7K/30fps、1080p/60fps、1080p/30fps、720p/120fps、720p/60fps、MOV、水深30m、ブレ補正なし、タイムラプスあり、Wi-Fiあり、micro SD 64GB、予備バッテリー1つ。

アマゾンのレビュー数1700件を超える大人気中華アクションカムAKASOのEK7000。MUSON MC2との主な違いは、720p/60fpsの有無、動画ファイル形式の違い、ハウジングを装着した際の水深が40m→30mの3点のみ。スペックはほぼ一緒と言っていいだろう。

価格はAKASOのほうがやや安いので価格重視ならAKASO EK7000、動画ファイル形式MP4で保存したいならMUSON MC2がおすすめです。

購入者の声

  • 4Kは微妙な感じでしたが1080Pでは値段以上の価値があると思います
  • 自撮り棒とカメラ本体を買って1万円をきっていたのでコスパも良いと思いました
  • 画質はなかなか良いと思いましたが、手ブレ補正機能がないので、手持ち録画の動画は非常に見づらいのは残念です

おわりに

皆様のMUSONのアクションカメラ選びの参考になれば幸いです。

あわせて、下記記事も参考にしてみてください。

Top photo by amazon.co.jp