手振れ補正搭載アクションカメラ比較|2018年おすすめ・注目5選!ヌルヌル動画を撮ろう

みなさん、こんにちは。

この記事では、「アクションカメラをバイクに取り付けて撮影したけど、映像がブレブレだった」「自転車に取り付けて撮影したら、ブレがひどすぎて見てると酔いそう…」など、映像のブレに悩んでいる方向けに、手振れ補正機能を搭載したアクションカメラをご紹介します。

オリジナルのスペック比較表も添付してますので、参考にしながら自分にピッタリの機種を探してみてください。

スポンサーリンク

はじめに

比較表と比較項目について

手振れ補正機能搭載アクションカメラ比較表

今回ご紹介する「手振れ補正機能を搭載したアクションカメラ6機種」のスペック比較表になります。比較項目につきましては、下記記事でわかりやすく解説してますので、参考にしてみてください。

おすすめ手振れ補正搭載アクションカメラ

ソニー アクションカム 4K+空間光学ブレ補正搭載モデル FDR-X3000

SONYのビデオカメラ「ハンディーカム」で培われた圧倒的なブレ補正技術を誇る「空間光学ブレ補正」を初めてアクションカメラに搭載。

光学式は電子式に比べて補正後の画像劣化がほとんどなく、画像補正に伴うトリミングもないので、広角で撮影したい方にピッタリ。

最強の手振れ補正機能付きアクションカメラが欲しいから、これ一択です。

人気の理由

  • 最強のブレ補正技術「空間光学式」を搭載
  • 高画質な映像が撮れる4K/30fps、長時間撮影に最適な1080P/60fpsのフレームレートなどに対応
  • スマホやタブレットなど多くの電化製品と互換性が高い「MP4」、4K撮影に最適な「XAVC S」2つの動画ファイル形式に対応
  • ハウジングありで水深60mまで防水対応
  • Wi-Fi機能搭載。スマホとペアリングすることで撮影した動画や写真も確認可能

GoPro ウェアラブルカメラ HERO6

アクションカメラの最高級ブランド「GoPro」の最新モデル。

最先端の技術を集約することでSONYの空間光学式ブレ補正技術に匹敵する「電子式」ブレ補正機能を搭載。

唯一気になる点は、広角で撮影した際、画像処理に伴うトリミングが行われるため、SONYと比べて広角が狭くなること。それ以外は文句なし。

「GoProの手振れ補正機能搭載アクションカメラが欲しい」という方におすすめです。

人気の理由

  • 最新の電子式ブレ補正技術を搭載
  • 2インチのタッチディスプレーを搭載し、スマホのように画面にタッチしながら操作可能
  • 4K/60fps、4K/30fpsなど対応
  • 動画ファイル形式は主流のMP4
  • ハウジングなしで水深10m、ハウジングありで水深60mまで防水対応

GoPro ウェアラブルカメラ HERO5

GoProの最新モデル「HERO 6」の1つ前のモデル。

HERO 6と同じ電子式ブレ補正機能を搭載しているが、ブレ補正の精度はHERO 6に比べてやや劣る。

「割安価格でGoProの手振れ補正機能搭載アクションカメラが欲しい」という方におすすめです。

人気の理由

  • 型落ちモデルなので最新のHREO 6に比べ、割安価格で購入可能
  • 2インチのタッチディスプレーを搭載し、スマホのように画面にタッチしながら操作可能
  • 4K/30fps、2.7K/60fpsなどに対応
  • 動画ファイル形式は主流のMP4
  • ハウジングなしで水深10m、ハウジングありで水深60mまで防水対応

WIMIUS Q1 アクションカメラ

中華アクションカム「WIMIUS」の電子式ブレ補正機能搭載アクションカメラ。

SONYやGoProのブレ補正技術に比べると正直精度は低いので、おまけ程度の感覚で使用するなら持ってこいです。

「1万円以下の価格でブレ補正機能を搭載したアクションカメラが欲しい」という方におすすめです。

人気の理由

  • 1万円以下で買える手振れ機能付きアクションカメラ
  • 2インチ液晶ディスプレー搭載
  • 4K/30fps、2K/30fpsなどに対応
  • 動画ファイル形式は主流のMP4
  • ハウジングありで水深40mまで防水対応

APEMAN アクションカメラ A80

中華アクションカム「APEMAN」の電子式ブレ補正機能搭載モデル。

1つ前でご紹介したWIMIUSと同じく、SONYやGoProのブレ補正技術に比べると正直精度は低いので、おまけ程度の感覚で使用するならピッタリ。

「micro SD 128GBまで対応したブレ補正機能搭載アクションカメラが欲しい」という方におすすめです。

人気の理由

  • 1万円以下で買える手振れ機能付きアクションカメラ
  • 2インチ液晶ディスプレー搭載
  • 4K/25fps、2.7K/30fpsなどに対応
  • 動画ファイル形式は主流のMP4
  • ハウジングありで水深30mまで防水対応

Victure アクションカメラ AC600

中華アクションカム「Victure」の電子式ブレ補正機能搭載モデル。

1つ前でご紹介したAPEMANと同じく、SONYやGoProのブレ補正技術に比べると正直精度は低いので、おまけ程度の感覚で使用するなら最適。

「動画ファイル形式MOVに対応したブレ補正機能搭載アクションカメラが欲しい」という方におすすめです。

人気の理由

  • 1万円以下で買える手振れ機能付きアクションカメラ
  • 2インチ液晶ディスプレー搭載
  • 4K/24fps、1440P/30fpsなどに対応
  • 動画ファイル形式はアップル製品との相性が良いMOV
  • ハウジングありで水深30mまで防水対応

おわりに

皆様の手振れ補正機能搭載アクションカメラ選びの参考になれば幸いです。

あわせて、下記記事も参考にしてみてください。

Top photo by harveynorman.com.au