目的別に厳選!有線マウスの選び方 おすすめ5選と推奨スペック

みなさん、こんにちは。

この記事では、「有線マウスを買いたいけど、種類が多くて、どれを選んだらいいのかわからない…」という方向けに、

  • 『おすすめ』有線マウス
  • 『ゲーミング』有線マウス
  • 『安い』有線マウス
  • 『小型』有線マウス
  • 『BlueLED』有線マウス

をご紹介します。

気になる有線マウスがありましたら、比較検討してみてください。

スポンサーリンク

はじめに

有線マウスとは

表示する
有線マウスとは、マウス本体から延びるUSB端子をパソコンやタブレットに直接差して有線接続で使うマウスのことで、ワイヤレスタイプに比べて本体価格が安く、常に接続が安定しているのが特徴です。


有線マウスの選び方と推奨スペック

表示する
有線マウスの選び方として、読み取り方式、ボタン数、デザイン、対応OSの4つに着目して選ぶといいでしょう。

読み取り方式

マウスの読み取り方式は大きく分けて、ボール式、光学式(赤色LED)、レーザー式、BlueLED(青色LED)の4つに分かれます。

ボール式は、マウス底部に丸いゴム製のボールが埋め込まれ、ボールを転がすことでカーソルを操作するタイプになりますが、現在はほとんど見かけません。

赤色LEDを放つ光学式は、現在最も普及してるタイプの読み取り方式です。価格が安く一般的な木目調やプラスチック製の机の上なら問題なく使えますが、光沢面や光を透過する場所ではほとんど使えません。

レーザーを照射するレーザー式は、光学式では読み取れなかった光沢面で使用できます。透明ガラスやカーペット以外では問題なく使えます。

青色LEDを放つBlueLEDは、光学式の赤色LEDに比べ波長が短く、細かな凹凸でも感知して読み取ることができ、不透明ガラスやカーペットでも使用できます。光沢面や透明ガラス以外では問題なく使えます。

自宅や職場など一般的な使用目的であれば価格が安い赤色LED、マウスの精度が求められる細かい作業をされる方は読み取り精度の高いレーザー式やBlueLEDがおすすめです。

ボタン数

ボタン数は、マウスの中央や左右に設置されてるボタンの数になります。戻るボタンや進むボタン、Windowsボタンなど、様々なボタンがあり、各ボタンの割り当てを独自にカスタマイズすることも可能です。

一般的な使用目的であればボタン数は3~5個、オンラインゲームやボタン操作を多用する方は、5個以上の多ボタンタイプがおすすめです。

デザイン

デザインは、右利き用、左利き用、左右両手用、エルゴノミックの4つに分かれます。

右利き用は、右手でマウスを使うためにデザインされたタイプで、左利き用に比べ種類が豊富です。

左利き用は、左手でマウスを使うためにデザインされたタイプで、種類が少なくほとんど見かけません。

左右両手用は、右手でも左手でも使えるシンメトリーデザインを採用したタイプで、使い勝手が良く多くメーカーから多数の機種が発売されてることから、現在最も普及しているタイプのマウスになります

エルゴノミック(ergonomic)とは人間工学という意味で、人間工学に基づいてデザインされたマウスがエルゴノミックマウスになります。握りやすさや疲れにくさを重視してデザインされており、長時間マウスを使用する方や腱鞘炎に悩まされてる方などにおすすめのマウスです。

不特定多数の人と共有して使うなら左右両手用のマウス、個人で使用するなら自分に合ったデザインのマウスを探してみましょう。

対応OS

有線マウスは、ほとんどのOSに対応していますが、一部のOSで使えないケースもありますので、購入前にメーカー推奨の対応OSを確認しておくこといいでしょう。

推奨スペック

有線マウスの選び方を元にした、有線マウスの推奨スペックは下記の通りとなります。

  • 読み取り方式:光学式、レーザー式、BlueLED
  • ボタン数:3つ以上
  • デザイン:左右対称
  • 対応OS:Windows、Macなど

以上が有線マウスの選び方となりますので、参考にしながら自分にピッタリのマウスを見つけてみてください。


おすすめ有線マウス

Amazonベーシック USBマウス MSU0939

Amazon.co.jpのレビュー数400件以上。WindowsとMac OSに対応。パソコンに繋ぐだけで簡単に使える、人気の有線マウスが欲しいなら、『Amazonベーシック USBマウス MSU0939』がおすすめです。

スペック

  • 読み取り方式:光学式
  • ボタン数:3
  • デザイン:左右対称
  • 対応OS:Windows、Mac

人気の理由

  • 軽くて大きさもちょうど良くて使いやすいです。アマゾンのロゴもいい感じです
  • 普段は無線マウスを使っていますが、非常用に1つ購入。必要最低限の機能を備えた、極々普通の有線マウスです。大きさも普通で、触り心地はマットで良いです
  • iMacに繋ぎました、動作問題ないです。写真は安っぽく見えましたが、実物のほうが良いです。一時使用のために安いものを探していたので十分でした

ゲーミング有線マウス

ロジクール オプティカル ゲーミングマウス G300s

Amazon.co.jpのレビュー数600件以上。250~2500dpiのセンサーが様々な表面上で、ゲームで必要な低速と高速の手の動きを精確にトラッキング。9個のプログラム可能なボタンとオンボードメモリを搭載した、ゲーミング有線マウスが欲しいなら、『Logicool オプティカル ゲーミングマウス G300s』がおすすめです。

スペック

  • 読み取り方式:光学式
  • ボタン数:9
  • デザイン:左右対称
  • 対応OS:Windows

人気の理由

  • 値段が値段なので持ってみると多少のチープさはありますが、軽量なので、長時間使っても手が疲れにくいです。コスパ最高のゲーミングマウスです
  • PCでサバイバルやFPSをするために購入。それまでのメインはappleのmagic mouseを仕事で使用してました。ゲームに限らず、仕事でも便利で使いやすい素晴らしいマウスだと思います。appleのマウスは使わなくなりました。なんと言ってもコスパが秀逸です
  • 元々はLOLのゲーミングマウスとして使用。使い心地は全く問題なく、さらに持ち心地が良い。マクロもかなり設定しやすく、コスパは相当なレベルです。ゲーミングマウスとしてはかなりハイレベルですし、初心者でも使えます

安い有線マウス

ロジクール 有線光学式マウス M100r

Amazon.co.jpのレビュー数300件以上。左右どちらの手でも使える、利き手を問わないシンプルなシンメトリーデザインを採用。つなぐだけですぐ使える、安い有線マウスが欲しいなら、『ロジクール 有線光学式マウス M100r』がおすすめです。

スペック

  • 読み取り方式:光学式
  • ボタン数:3
  • デザイン:左右対称
  • 対応OS:Windows、Mac

人気の理由

  • 価格が安く、必要十分な機能で、使い心地も文句ありません。今までBluetoothのマウスを使用していて、時々通信が途切れるので困っていましたが、本品は有線なのでそういった心配がないのが良いです
  • 安い、軽い、使いやすい、ケーブルも長くて困らない。会社用に50個は買ったと思うが、不良や壊れたことはまだないです
  • シンプルな構造で価格も安いので不満はありません。問題なく動作してます

小型有線マウス

サンワサプライ 超小型マウス ケーブル巻き取り式 MA-MA6

重さはわずか44g、使いたい時にケーブルを伸ばせば最大70cmまで伸ばせるケーブル巻取り式を採用。ケーブルの長さを自由に調節できるので、机の上で余ったケーブルが邪魔にならない、小型有線マウスが欲しいなら、『サンワサプライ 超小型マウス ケーブル巻き取り式 MA-MA6』がおすすめです。

スペック

  • 読み取り方式:光学式
  • ボタン数:2
  • デザイン:左右対称
  • 対応OS:Windows

人気の理由

  • 客先での打ち合わせでの利用に購入。安い割に小型・軽量で意外と使い易かったです
  • 小型のかわいいマウスです。ケーブル巻き取り式で持ち運びに超便利。小さすぎて使い勝手はチョットだけれど、慣れれば問題なし
  • 巻き取り式なので、コンパクトで持ち運びがしやすく、使い勝手がいいです

BlueLED有線マウス

バッファロー 有線BlueLEDマウス BSMBU19

Amazon.co.jpのレビュー数400件以上。クリック音が静かな場所でも気にならない静音設計を採用。透明なガラステーブルや透明シートの上でも快適に操作ができるBlueLEDセンサーを搭載した、BlueLED有線マウスが欲しいなら、『バッファロー 有線BlueLEDマウス BSMBU19』がおすすめです。

スペック

  • 読み取り方式:BlueLED
  • ボタン数:5
  • デザイン:右利き用
  • 対応OS:Windows、Mac

人気の理由

  • 安いし静かでとてもいい。親指で進む、戻るの操作が出来るのでありがたいです
  • カチカチ音ではなく、優しいコクコク音で静かです。大きさもとても手に馴染みました
  • 正面からマウスを見ると青いLEDが少し眩しく感じました。普段使いには問題無いですが職場などで正面に向い合ってたりすると相手に嫌がられるかもしれませんので気をつけてください

おわりに

皆様の有線マウス選びの参考になれば幸いです。

あわせて、下記記事も参考にしてみてください。

Top photo by selloscope.com