安いけど高性能な人気プロジェクターの選び方 おすすめ3選と推奨スペック

みなさん、こんにちは。

この記事では、「安いプロジェクターを買いたいけど、種類が多くて、どれを選んだらいいのかわからない…」という方向けに、

  • 『おすすめ』安いプロジェクター
  • 『小型』安いプロジェクター
  • 『LED』安いプロジェクター

をご紹介します。

気になる安いプロジェクターがありましたら、比較検討してみてください。

スポンサーリンク

はじめに

安いプロジェクターの選び方と推奨スペック

表示する
プロジェクターの選び方として、投射距離、光源、輝度、解像度、パネルタイプ、コントラスト比、3D、本体重量、入力端子の9項目に着目するといいでしょう。

投影距離

投影距離とは、プロジェクターからスクリーンまでの距離のことで、一般的なプロジェクターは投影距離が1~3mの機種が多く、一般的なプロジェクターに比べて短い距離で投影できる短焦点・超単焦点プロジェクターと呼ばれるタイプもあります。

一般的なプロジェクターは、本体サイズが大きくきれいで迫力ある映像を映しだすのに優れる一方、投影に必要な距離と場所を確保する必要があります。

短焦点プロジェクターや超短焦点プロジェクターは、投影に必要な距離も短くてプロジェクター自体も小型なので場所をほとんどとらず、本体サイズが小さくて持ち運びに便利な一方、一般的なプロジェクターに比べて輝度やコントラストが劣ります。

スクリーンからプロジェクターまでの距離が1~3m確保できるなら一般的なプロジェクター、スクリーンからプロジェクターまでの距離が1m確保できないなら短焦点・超単焦点プロジェクターがおすすめです。

光源

光源とは、パネルに投影する光のことで、水銀ランプ、LED、レーザーの3つに分かれます。

水銀ランプは、一般的に普及していた光源で、価格が安い一方、寿命は約2,000時間と短めです。

LEDは、現在多くの機種に搭載されている主流の光源で、省エネでコンパクト化しやすく寿命が約20,000時間と長いのが特徴です。

レーザーは、最新の光源で、LEDより色の再現範囲が広いためより鮮やかな映像を映し出すことが可能で、寿命もLEDと同じく約20,000時間と長い一方、主に上位機種に搭載されていてLEDに比べて価格が割高です。

長く使いたいならLED、よりきれいな映像を楽しみたいならレーザーがおすすめです。

輝度

輝度(きど)は、ルーメン(lm)と呼ばれる明るさを表す単位で表現されます。ルーメンは数字が多くなるほど明るくなり、3000lmを超えると明るい部屋でもきれいに映ります。部屋を暗くして映画やゲームなどを楽しむなら、1000~2000lm程度あれば十分です。

解像度

解像度とは、画像の精細さを表す尺度のことで、画像を構成するピクセル(px)という単位で表現され、解像度は数字が大きいほど精細になります。代表的な解像度としては、SVGA(800×600)、HD(1280×720)、WXGA(1280×800)などがあり、1080PのフルHD(1920×1080)に対応した機種も多いです。

家庭用で使用するなら、DVDやブルーレイ、テレビで主流のアスペクト比 16:9である、WXGA(1280×800)、ハイビジョン(1280×720)、フルハイビジョン(1920×1080)に対応した機種がおすすめです。

パネルタイプ

パネルタイプは大きく分けて、液晶パネル、DLPパネル、LCOSパネルの3つに分かれます。

液晶パネルは、液晶パネルを利用するタイプです。3つの液晶に、三原色である赤・緑・青の3色を当てて、透過した映像を投影します。価格が安く現在主流のパネル方式ですが、熱による液晶パネルの劣化が激しため、製品寿命は短めです。

DLPパネルは、マイクロミラー反射型パネルに光を当てて、反射した映像を投写するタイプです。耐久時間は数万時間と液晶パネルに比べ遥かに長く、小型化もしやすいのでモバイルタイプに多く搭載されている一方、液晶パネルに比べ生産コストが高くつくので価格が高めの機種が多いです。

LCOCパネルは、反射型液晶パネルを利用するタイプです。DLPと同じ反射タイプですが、ミラーではなく液晶を使っているのが特徴。解像度が高く高画質な映像が映せる一方、コンパクト化が難しく熱による液晶パネルの劣化が激しいため、製品寿命は短めです。

価格を安く抑えたいなら液晶パネルタイプ、コンパクトで持ち運びも簡単で長く使いたいならDLPパネルタイプがおすすめです。

コントラスト比

コントラスト比とは最も明るい部分と最も暗い部分の比率で、この差が大きくなるほど黒が引き締まって見えます。たとえば、コントラスト比 2000:1と1000:1 の場合、前者のほうがくっきりとした映像を映し出すことができます。しかし、コントラスト比が高いと必ず高画質というわけではありません。また、ビジネス用途であれば明るい部屋でもきれいに映る機種が好まれるので、コントラスト比より輝度が重視されます。

3D

3D対応のプロジェクターは、3D映像を投射することができます。本体付属または別売りの3Dメガネを装着することで、より迫力ある映像を大画面で楽しむことができます。

本体重量

本体重量はプロジェクターの重さになります。持ち運びを前提に考えるなら、1kg以下の機種がおすすめです。

入力端子

入力端子とは、スマホやノートパソコン、ゲーム機など、接続デバイスから送られてきた情報を受け取るための端子のことです。主な入力端子として、HDMI、VGA、USBなどがあります。多くの入力端子を搭載した機種を選ぶことで、様々なデバイスと接続することができます。

推奨スペック

安いプロジェクターの選び方を元にした、安いプロジェクターの推奨スペックは下記の通りとなります。

  • 投射距離:1~3m
  • 光源:LED
  • 輝度:1000ml以上
  • 解像度:ハイビジョン(1280×720)以上
  • パネルタイプ:液晶
  • コントラスト比:1000:1以上
  • 3D:なし
  • 本体重量:2kg以内
  • 入力端子:HDMI

以上が安いプロジェクターの選び方となりますので、参考にしながら自分にピッタリの機種を探してみてください。


安いおすすめプロジェクター

DBPOWER ミニ プロジェクター

解像度800×400、フルハイビジョン対応。HDMI、USB、SDカード、AV、VGA端子を搭載。PC、各種プレイヤー、ゲーム機など様々な機器に対応した、人気の安いプロジェクターが欲しいなら、『DBPOWER ミニ プロジェクター』がおすすめです。

スペック

  • 投射距離:1.0~5.2m/32~176インチ
  • 光源:水銀ランプ
  • 輝度:1500ml
  • 解像度:800×400/フルHD対応
  • パネルタイプ:液晶
  • コントラスト比:1000:1
  • 3D:なし
  • 本体重量:0.95kg
  • 入力端子:HDMI/USB/SDカード/AV/VGA

人気の理由

  • 安いし、軽いし、小さい、でも普通に映画やアニメの視聴に耐えられる映像を投影してくれます。白い壁紙への投影なのもあって、鮮明とは程遠く、小さい文字はとても読みづらくはありますが、映像は十分楽しめてます
  • とても満足しています。Fire TV Stick PS3ともに不満のない映像です。子供もゲームの大画面に驚いてました。天井投影も問題ありません
  • 寝室のテレビが壊れたので、テレビよりプロジェクタの方が大画面だし、安いということに気づき、1万円前後の家庭用プロジェクタの情報をかなり集め、最後にたどり着いたのがこの製品でした。これほど満足した製品は初めてです。いい製品に出会って嬉しいです

安い小型プロジェクター

WIMIUS 小型 LEDプロジェクター

解像度800×400、フルハイビジョン対応。画面が台形になっているのを適正な画面の形に補正する「台形歪み補正機能」付き。1200ルーメンの明るさで、長寿命約50,000時間のLEDランプを搭載した、安い小型プロジェクターが欲しいなら、『WIMIUS 小型 LEDプロジェクター』がおすすめです。

スペック

  • 投射距離:37~100インチ
  • 光源:LED
  • 輝度:1200ml
  • 解像度:800×400/フルHD対応
  • パネルタイプ:液晶
  • コントラスト比:1000:1
  • 3D:なし
  • 本体重量:1.35kg
  • 入力端子:HDMI/USB/AV/VGA/TF

人気の理由

  • 小型にも関わらず、映像も申し分ないと思います。YoutubeやDVD、Amazon ビデオを流して使用してます。快適すぎてテレビを見なくなりました
  • 型の割に意外と明るく、とても使い勝手良いです。気に入りました。値段もやすいし、画像も綺麗だし、とても満足してます
  • 最近は小型のプロジェクターもだいぶ安くなってきましたがこの製品はその中でもかなり安いです。本体サイズも通常のこの程度のスペックのものより一回り程度小さいです。超小型ということはないので鞄にいれて持ち運びたいような方はもう少し小型の物を探すと良いと思います

安いLEDプロジェクター

DR.J ミニ LED プロジェクター

解像度800×400、フルハイビジョン対応。重量は950gのミニデザイン。発熱が少なく電力消費の少ない、長寿命40,000時間のLEDランプを搭載した、安いLEDプロジェクターが欲しいなら、『DR.J ミニ LED プロジェクター』がおすすめです。

スペック

  • 投射距離:1~3m/32~170インチ
  • 光源:LED
  • 輝度:1800ml
  • 解像度:800×400/フルHD対応
  • パネルタイプ:液晶
  • コントラスト比:1000:1
  • 3D:なし
  • 本体重量:1.35kg
  • 入力端子:HDMI/USB/AV/VGA/SDカード

人気の理由

  • プロジェクターが欲しくて悩んでいましたが、評価の高いこちらを購入。初期不良もなく、早速壁に投影してみましたが、思ったより綺麗に映り満足しています。ファンの音も気にならない程度です。後はスクリーンとスピーカーを購入して、ホームシアターを楽しみたいと思います
  • ホームシアター用に購入。最初からHDMIケーブルが入ってるのは嬉しいです。USBやマイクロSDカードにも対応しており、動画や音楽の再生もできます。画面の鮮明さですが、1800ルーメンは少し怪しいですがなかなかきれいに写ります。部屋の壁に映しましたが体感1000-1200ルーメン程です。しかし、もう少しくっきり明るさ求めると何倍もコストがかかるので、このサイズでこの描画能力なら満足です
  • 映画鑑賞を目的に購入し使用していますが、こだわりが強くなければ十分に満足できる商品だと思います。音質は値段相応に悪くはありますがスピーカーにつなげるので特に問題はありません。また、HDMIのコードが附属しているのもうれしい配慮です。リモコン等各種ボタンも説明書要らずで操作可能なシンプルなものです。ホームシアターデビューには十分すぎる入門機です

おわりに

皆様の安いプロジェクター選びの参考になれば幸いです。

あわせて、下記記事も参考にしてみてください。

Top photo by crutchfield.com