一人暮らし向けアイロンの選び方 おすすめ3選と推奨スペック

みなさん、こんにちは。

この記事では、「一人暮らし向けアイロンを買いたいけど、種類が多くて、どれを選んだらいいのかわからない…」という方向けに、

  • 『おすすめ』一人暮らし向けアイロン
  • 『ハンディ』アイロン
  • 『コードリール式』アイロン

をご紹介します。

気になる一人暮らし向けアイロンがありましたら、比較検討してみてください。

スポンサーリンク

はじめに

一人暮らし向けアイロンの選び方と推奨スペック

表示する
一人暮らし向けアイロンの選び方として、タイプ、コードの有無、コードの長さ、コードリール機能、かけ面の形状、かけ面の素材、スチーム穴数、スチーム量、タンク容量、重量、消費電力の11項目に着目して選ぶといいでしょう。

タイプ

アイロンは大きく分けて、スチームアイロン、ドライアイロン、衣類スチーマーの3つに分かれます。

スチームアイロンは、一般的なタイプのアイロンで、スチームを大量に噴出しながらシワを伸ばすタイプになります。低価格帯から機能が充実した高価格帯までラインナップが豊富な一方、スチーム量が少ないとシワをうまく伸ばすことができません。

ドライアイロンは、シワを伸ばしたい布に軽く霧吹きで水分を吹きかけたあとアイロンを当てることで、アイロン本体の重さと熱によってシワを伸ばすタイプになります。

衣類スチーマーは、アイロン台を使用することなく、衣類をハンガーに掛けたままの状態で使用します。ワイシャツやズボンなど、短時間で手軽にシワを伸ばせるのが特徴です。

普段使いならスチームアイロン、気になるシワをサッと伸ばしたいなら衣類スチーマーがおすすめです。

コードの有無

コードとはアイロン本体に付属する電源コードのことで、コードがあるコード付きタイプとコードがないコードレスタイプの2つに分かれます。

コード付きタイプは、常に電源が供給されているため高温を保つことができ、かけ面が冷めることなくスチーム量の低下を心配せずに使用できる一方、コードが煩わしいため決して使い勝手が良いとは言えません。

コードレスタイプは、コードがないので使い勝手がよくスムーズにアイロンがけができる一方、こまめに給電用スタンドに戻して充電しないとかけ面の温度が低下して、思うようにシワを伸ばすことができなくなります。

大量にアイロンがけをするならコード付きタイプ、使い勝手を重視するならコードレスタイプがおすすめです。

コードの長さ

コードの長さとはアイロン本体または給電用スタンドに付属する電源コードの長さことで、メートル(m)という単位で表され、数字が大きくなるほどコードが長くなります。コードは2m以上あると使い勝手が良いとされています。

コードリール機能

コードリール機能とは電源コードを自動で巻き取ってくれる機能のことで、アイロン本体または給電用スタンドに電源コードをすっぽり収めることができます。見た目もスッキリして使い勝手が向上する便利な機能なので、コンパクトにまとめたい方におすすめです。

かけ面の形状

かけ面とはアイロンを布に押し当てる熱い部分のことで、かけ面の形状の違いで、前のみ尖ったロケット型と前後が尖ったラグビーボール型の2つに分かれます。

前のみ尖ったロケット型は、昔からある形状で、使い慣れている方にとっては使いやすいタイプになります。

前後が尖ったラグビーボール型は、全方向に動かせるため細かい場所のアイロンがけが得意で、後ろに動かしてもシワが付きにくいのが特徴です。

価格を重視するなら前のみ尖ったロケット型、使い勝手を重視するなら前後が尖ったラグビーボール型がおすすめです。

かけ面の素材

かけ面の素材は大きく分けて、セラミック、チタン、フッ素の3つに分かれます。

セラミックは、耐久性や滑りやすさに定評があり、高価格帯機種に搭載されています。

チタンは、セラミックに比べて耐久性や滑りやすさはやや劣るものの、比較的手ごろな価格の機種にも多く搭載されています。

フッ素は、価格の安い機種に多く採用されてますが、耐久性がなく、長く使用することは難しいです。

価格を重視するならフッ素、耐久性を重視するならセラミック、価格も耐久性も重視するならチタンがおすすめです。

スチーム穴数

スチーム穴数とはかけ面からスチームが出てくる穴の数のことで、スチーム穴数が多いほど多くのスチームを噴出することができます。

スチーム量

スチーム量とはかけ面の穴から出てくるスチームの量のことで、g/分という単位で表され、数字が大きくなるほど1分間当たりのスチーム量は多くなります。スチーム量が8g/分以上あると使い勝手が良いとされています。

タンク容量

タンク容量とはスチームで使用するための水を貯めておく場所のことで、ミリリットル(ml)という単位で表され、数字が大きくなるほど容量も大きくなります。タンク容量が大きいとたくさんの水を貯めておけますが、その分本体が重くなり使い勝手が悪くなりますので、タンク容量200ml前後が使い勝手がよいとされています。

重量

重量とはアイロン本体の重さのことで、グラム(g)またはキログラム(kg)という単位で表され、1000g=1kgになります。本体重量が1kgを超えると重たいと感じやすいので、使い勝手を重視するなら1kg以内の機種がおすすめです。

消費電力

消費電力とはアイロンを使用する際に生じる電力消費量のことで、ワット(W)と呼ばれる単位で表され、数字が大きくなるほど消費電力が大きくなります。家庭用で使用するなら1000W以上あると使い勝手が良いとされています。

推奨スペック

一人暮らし向けアイロンの選び方を元にした一人暮らし向けアイロンの推奨スペックは下記の通りとなります。

  • タイプ:スチームアイロンor衣類スチーマー
  • コードの有無:コードレスタイプ
  • コードの長さ:2m以上
  • コードリール機能:あり
  • かけ面の形状:ロケット型orラグビーボール型
  • かけ面の素材:チタン
  • スチーム穴数:多いほうが良い
  • スチーム量:8g/分
  • タンク容量:200ml前後
  • 重量:1kg以内
  • 消費電力:1000W以上

以上が一人暮らし向けアイロンの選び方と推奨スペックとなりますので、参考にしながら自分にピッタリの機種を探してみてください。


おすすめ一人暮らし向けアイロン

パナソニック コード付きスチームアイロン NI-S55

Amazon.co.jpのレビュー数700件以上。新しいスチーム溝構造で、ベース面全体からスチーム噴霧。スチームが全体に行きわたり、むらなくキレイに仕上がる、一人暮らし向けアイロンが欲しいなら、『パナソニック コード付きスチームアイロン NI-S55』がおすすめです。

スペック

  • タイプ:スチームアイロン
  • コードの有無:コード付きタイプ
  • コードの長さ:1.9m
  • コードリール機能:無し
  • かけ面の形状:ロケット型
  • かけ面の素材:チタン
  • スチーム穴数:29
  • スチーム量:
  • タンク容量:200ml
  • 重量:約1kg
  • 消費電力:1000W

人気の理由

  • 安いだけでなくて、軽くて高性能です。女性の一人暮らしにはこれで充分間に合います
  • コスパは良いかと。実家にあった少し型の古いアイロンはなかなかシワが伸びないのもありましたが、一人暮らしでワイシャツを伸ばす用に買いましたがかなり綺麗にできます。この価格でこれなら大満足です
  • 男の一人暮らしでワイシャツくらいはアイロンがけしてみようかと思い購入。コードレスタイプはレビューを見ていると熱に関して色々不満点があるようなので、コード付きタイプにしました。ワイシャツだけにしか使っていませんが、スチームも熱もちゃんと出て普通にかけられます。入門機にいいと思います

ハンディアイロン

ツインバード ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084

Amazon.co.jpのレビュー数700件以上。縦に並んだ6個のスチーム噴出口からスチームを供給。ハンガーにかけたまま使える、ハンディアイロンが欲しいなら、『ツインバード ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084』がおすすめです。

スペック

  • タイプ:衣類スチーマー
  • コードの有無:コード付きタイプ
  • コードの長さ:
  • コードリール機能:無し
  • かけ面の形状:ロケット型
  • かけ面の素材:フッ素
  • スチーム穴数:6
  • スチーム量:0.2g/回
  • タンク容量:100ml
  • 重量:930g
  • 消費電力:800W

人気の理由

  • 他の大手メーカーも試しましたが、一人暮らしでこちらに勝るスチーマーはありません
  • 一人暮らしの息子用に購入。試しに使用しましたが、アイロン台が無くてもシワが伸ばせるので便利です
  • 賛否両論あるみたいですが、用途は簡単にそこそこシワを無くすことができる事です。ちゃんとシワを伸ばしたいならハンディーではなく他のアイロンが良いと思います。私は単身赴任でワイシャツのシワ伸ばしに購入しましたが便利です。連続してスチームが出ないので家庭でメインのアイロンとしては不向きかもしれません。サブや一人暮らしの男にお勧めします

コードリール式アイロン

パナソニック コードリール式スチームアイロン NI-R36

Amazon.co.jpのレビュー数400件以上。電源コードをアイロン本体にスッキリ収納できるコードリール機能を内蔵。ガンコなシワもパリッと仕上がる「スプレー機能」を搭載。アイロンじわの失敗が少ない「ラウンドベース」のかけ面を採用した、コードリール式アイロンが欲しいなら、『パナソニック コードリール式スチームアイロン NI-R36』がおすすめです。

スペック

  • タイプ:スチームアイロン
  • コードの有無:コードレスタイプ
  • コードの長さ:1.9m
  • コードリール機能:あり
  • かけ面の形状:ロケット型
  • かけ面の素材:
  • スチーム穴数:
  • スチーム量:
  • タンク容量:160ml
  • 重量:約1.3kg
  • 消費電力:1000W

人気の理由

  • 娘が一人暮らしを始めるので娘用に購入。お値段の安いものはコードが収納できないタイプが多いですが、これはコードリール式で巻き取られます。巻き取ればすっきりとしてクローゼット奥にぽんと立てておけば収納も場所を選ばずにしまっておけます。タンクの水も入れやすいし、色もかわいいです
  • 一人暮らしの息子が大学院を卒業し社会人になり背広を着るようになり購入。息子の話では、凄く使いやすいとの事です
  • 購入後、1ヶ月経過しました。ほぼ問題なく使えてます。スチーム用の穴数が多めで、3千円台のアイロンは希少です。「価格とスチーム」を重視される方にはおすすめできます

おわりに

皆様の一人暮らし向けアイロン選びの参考になれば幸いです。

あわせて、下記記事も参考にしてみてください。

Top photo by philips.com.ph