おしゃれなステンレス製電気ケトルの選び方とおすすめ5選

みなさん、こんにちは。

この記事では、「おしゃれなステンレス製電気ケトルを買いたいけど、種類が多くて、どれを選んだらいいのかわからない…」という方向けに、おすすめのおしゃれな電気ケトルをご紹介します。

気になるおしゃれな電気ケトルがありましたら、比較検討してみてください。

スポンサーリンク

はじめに

おしゃれなステンレス製電気ケトルの選び方

表示する
おしゃれなステンレス製電気ケトルの選び方として、用途、メーカー、容量、消費電力、温度設定、保温機能、安全設計の7つに着目して選ぶといいでしょう。

用途

用途は大きく分けて、一般用、コーヒー用、ミルク作り用の3つに分かれます。

一般用は、シンプルにお湯を沸かすことに最適化されたタイプで、注ぎ口が大きくボタン一つで簡単にお湯が沸かせるのが特徴です。

コーヒー用は、ドリップしやすいようにデザインされた細長い注ぎ口が特徴で、湯量を調整しやすくコーヒーを淹れるときに便利な一方、注ぎ口が細いため一般用に比べてお湯を注ぐのに時間が掛かります。

ミルク作り用は、赤ちゃん用のミルクを作るために必要な温度調節機能や保温機能を備えたタイプになります。

お湯を沸かしたいなら一般用、コーヒーを作りたいならコーヒー用、ミルクを作りたいならミルク作り用がおすすめです。

メーカー

メーカーは大きく分けて、国内メーカー、海外メーカーの2つに分かれます。

国内メーカーは、価格が安く日本人でも使いやすいようにデザインされているのが特徴で、タイガー、象印、ドリテック、アイリスオーヤマが有名です。

海外メーカーは、デザイン性やカラーバリエーションにこだわった機種が多いのが特徴で、ティファール、デロンギ、ラッセルホブス、バルミューダ、レコルトが有名です。

価格を重視するなら国内メーカー、デザインを重視するなら海外メーカーがおすすめです。

容量

容量は、ミリリットル(ml)またはリットル(L)と呼ばれる単位で表され、1000ml=1Lとなります。小さいものだと600mlタイプ、大きいものだと2Lを超えるタイプもありますが、一般的には1~1.5Lタイプが使い勝手が良いとされています。

消費電力

消費電力は、ワット(W)と呼ばれる単位で表され、数字が大きくなるほど消費電力は大きくなり、沸騰までに要する時間も短くなります。

たとえば、Aポットの消費電力が900W、Bポットの消費電力が1200Wだった場合、AポットよりBポットのほうが消費電力が大きいので早く沸騰させることができます。

より短時間で沸騰させたいなら消費電力が大きいタイプ、電気代を節約したいなら消費電力が小さいタイプがおすすめです。

温度設定

温度設定機能を搭載した電気ケトルは、お湯を好きな温度に温めることができるので、飲み物に合わせた美味しい温度でドリンクを楽しむことができます。

お湯の温度にこだわりたい方におすすめの機能です。

保温機能

保温機能を搭載した電気ケトルは、温めたお湯を一定時間保温することができるので、温め直す必要がありません。

電気ポットのように常時保温しておく必要はないけど、1時間程度は保温したいという方におすすめの機能です。

安全設計

安全設計とは電気ポットをより安心して使える機能のことで、具体的には、自動電源オフ、蒸気レス、湯こぼれ防止があります。

自動電源オフとは、お湯が沸騰したら自動的に電源がオフになる機能になります。空焚きを防止する役目もあり、とても便利な機能なので、搭載されている機種を選ぶことをおすすめします。

蒸気レスとは、お湯が沸騰する際にフタから出る蒸気が出ないように工夫された機種になります。小さなお子様がいる家庭には欲しい機能です。

湯こぼれ防止とは、電気ケトルを誤って転倒させてしまった際、お湯が漏れないように施された機種になります。小さなお子様がいる家庭には欲しい機能です。

以上がおしゃれなステンレス製電気ケトルの選び方となりますので、参考にしながら自分にピッタリの機種を見つけてみてください。


おしゃれな電気ケトル

ドリテック ステンレス電気ケトル PO-135

容量1L、消費電力900W、高級感のあるステンレス素材で、インテリアに合わせやすいシンプルなデザイン。本格的なドリップが楽しめる、おしゃれな電気ケトルが欲しいなら、『ドリテック ステンレス電気ケトル PO-135』がおすすめです。

人気の理由

  • とても注ぎやすくて良かったです。デザインもおしゃれで可愛いです
  • 見た目もおしゃれで、安い。この金額なら満足。部屋がシンプルだからマッチします
  • ドリップコーヒーを入れるのが楽しくなります。お値段も安く最高です

デロンギ 電気ケトル アイコナ・ヴィンテージ コレクション KBOV1200J-GR

容量1L、消費電力1200W、1950年代のイタリアをイメージしたレトロデザイン。素材、色に細部までこだわったデザインで、キッチンを一層華やかに彩る、おしゃれな電気ケトルが欲しいなら、『デロンギ 電気ケトル アイコナ・ヴィンテージ コレクション KBOV1200J-GR』がおすすめです。

人気の理由

  • 見た目は文句なしにオシャレです。ただ本体がすごく熱くなるので、触ってしまうと大変です。使い勝手より見た目を選ぶ人には向いていると思います
  • 色に深みがあってとても可愛いです。リビングに置いてもインテリアにもあって、素敵でした
  • 見た目がおしゃれ。注ぎ口がスマートで良いです

デロンギ ケーミックス 電気ケトル SJM020J-RD

容量1L、消費電力1150W、沸き上がり時やケトルを電源ベースから持ち上げたとき、自動的に電源がオフ。使用中ケトル内が空または水が少ない状態になった時も自動的に電源がオフになり、空だきを防止する空だき防止機能を搭載した、おしゃれな電気ケトルが欲しいなら、『デロンギ ケーミックス 電気ケトル SJM020J-RD』がおすすめです。

人気の理由

  • おしゃれな見た目に惹かれ購入しました。商品が届いてからもおしゃれな印象は変わりませんでした。主にコーヒー1杯分の水を沸かす為に使用しています。20〜30秒であっと言う間に沸騰します。今のところ不具合はなく快適に使えています。長く使い続けたいです
  • プラスチックボディよりも見栄えがして、ほんとにおしゃれです。コーヒーメーカーも同じシリーズの同じ色のものを使用していたので、良いコーディネートができました
  • 湯沸かしも早く、蒸気量も少なく、おしゃれなデザインにうっとり。買って良かったです

レコルト 電気ケトル クラシック リーブル RCK-2

容量0.8L、消費電力1000W、自動電源オフ機能付き。使い始めた時からすぐに愛着を感じられるような、シンプルながら愛らしいデザイン。0.8Lの水が3~4分で沸騰する、おしゃれなケトルが欲しいなら、『レコルト 電気ケトル クラシック リーブル RCK-2』がおすすめです。

人気の理由

  • 形、雰囲気がおしゃれでとても素敵です。電気ケトルは初めての購入ですが、とても便利で毎日使ってます。これで壊れず長く持てば最高です
  • すごくおしゃれです。注ぎ口も細いのでコーヒーをドリップするのにちょうどいい。買ってよかったです
  • 本体がステンレス製なので触ると熱いので小さな子供には危ないかなと思いますが、小さな子供が居ない我が家には全く問題ありません。スリムでおしゃれ。注いだ感じも、お湯が細く静かにスムーズに注げるのでコーヒーをドリップするのに最高です

バルミューダ 電気ケトル The Pot K02A

容量0.6L、消費電力1200W、自動電源オフ 空だき防止機能付き。研究しつくされたハンドルと注ぎやすいノズルの形が、気持ちいいくらいの注ぎごこちを実現。コーヒーのハンドドリップはもちろん、湯を注ぐ事が今よりもっと楽しくなる、おしゃれな電気ケトルが欲しいなら、『バルミューダ 電気ケトル The Pot K02A』がおすすめです。

人気の理由

  • とてもおしゃれでコーヒーが飲みたいときにすぐいれられるので毎日何度も使ってます。このケトルのおかげでゆったりとしたコーヒータイムが送れるようになりました。
  • もうヤカンは使わなくなりました。デザインも素敵な上に本当に便利です
  • 室温20度で冷たい水道水600ccが沸くまでほぼ3分。本体は水が入っていないとスタンド上でグヨグヨ揺れて不安になりますが、鉄瓶のような表面とエジソン電球のようなパイロットランプがかっこいいです

おわりに

皆様のおしゃれな電気ケトル選びの参考になれば幸いです。

あわせて、下記記事も参考にしてみてください。

Top photo by harveynorman.com.au